ホーム>Member News>メンバー>木村正明さん(岩手県釜石市)

木村正明さん(岩手県釜石市)

妻を失った釜石の津波についての書籍を自費出版

岩手県釜石市在住のwillbeメンバー木村正明さん
2011年の東日本大震災時の津波で奥様が行方不明となりました。

鵜住居(うのすまい)小の事務職員だった奥様は、来校した生徒の保護者の方々の対応のため
校舎に残っていたて行方不明になってしまったと考えられています。
多くの生徒や職員が高台に避難をしたため、「釜石の奇跡」として広く知られていますが、
その裏では犠牲になった方々も多く存在しています。

木村さんは「釜石の奇跡」と呼ばれ讃えることで、教訓とすべき事実を忘れることがあってはならないと
学校や市と話し合いを重ねてきたと言います。
その内容をまとめ、2015年3月に自費出版されました。

「語ることにした~東日本大震災 ふれられていない事実と真実を~」を自費出版しました。
興味がありましたら、国立国会図書館などにもありますので、読んでください。(木村さん)


また、岩手県では東日本大震災の事実と教訓を世界及び次世代に継承していくために、
陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園内に
「震災津波伝承施設( 仮称)」が整備されるそうです。

木村さんが出版された「語ることにした」もそちらにて掲示されるとのこと。

まもなく東日本大震災から丸六年。
改めて被害に遭われた皆さまを悼み、現地の一日も早い復興を願いながら、
起こった事実に心を寄せてみてはいかがでしょうか。



メンバー活動情報一覧



メンバーの活動情報を
ウェブサイトでご紹介します


「趣味のバンドでコンサートを開催します」「油絵の個展を開きます」「イベントをやるので参加者募集」「本を出版することになりました」etc.
ウィルビーメンバーだけの特典ですので、是非ご利用ください。
メンバーズルームにログインし、左メニューの「メンバーニュースに情報を掲載する」をクリックすればOKです。