ホーム>Member News>サポーティングメンバー>金子勝さん(慶應義塾大学経済学部教授)

金子勝さん(慶應義塾大学経済学部教授)

2016.02.02

新著『日本病 長期衰退のダイナミクス』

金子勝さんと生命科学者の児玉龍彦さんは、新著『日本病 長期衰退のダイナミクス』を発表。
二人は、12年前に市場や生命の複雑な仕組みを解明する『逆システム学』を発表して以来、これまで様々な共著を世に送り出してきました。

長期化する不況、失業者の増加、年金制度の破綻、少子高齢化の進行。アベノミクスによって日本経済は「長期停滞」から「長期衰退」の時代に。
その状態は、進行がんが、治療するたびに悪性化を増し、抗生剤がまったく効かない多剤耐性の感染症が出現するのと似た病状だと指摘します。
本書では、その「病気」のメカニズムやダイナミクスを明らかにし、「治療法」を提示します。



『日本病 長期衰退のダイナミクス』
金子勝、児玉龍彦/岩波新書/800円(税別)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects