ホーム>Member News>サポーティングメンバー>幸田真音さん(作家)

幸田真音さん(作家)

2016.05.04

知られざる、東京オリンピック開催への軌跡

幸田真音さんは東京オリンピック誘致に奔走する男たちを描く長編小説『この日のために 池田勇人・東京五輪の軌跡』(角川書店)を発表。
政治家・池田勇人、新聞記者で水泳指導者としても活動する田畑政治の二人の生涯を縦軸に、日本がもっとも元気だったあの黄金の60年代、1964年の東京オリンピック開催への軌跡を描いた物語です。

「オリンピック・ソングは三波春夫の「五輪音頭」が有名ですが全国から広く募集した『この日のために』という歌はご存じでしょうか? まさにオリンピックの「この日のために」、日本の熱い思いが集結したのを思い出させてくれるいい歌ですので、物語のタイトルも『この日のために』としました。
終戦後の焼け野原から見事に復興を遂げ、日本が元気と自信と誇りを取り戻し、国際社会に仲間入りするきっかけになったあの東京オリンピックを、たくさんの方に思い出していただければと、願いをこめて書きました。
日本にも、二桁の経済成長を遂げていた時代があったということを、若者たちにも広く知っていただければなと思っています」(幸田さん)


11の地方紙(北國新聞、京都新聞、中国新聞、福井新聞、岐阜新聞、静岡新聞、陸奥新聞、南信州新聞、上越タイムス、東愛知新聞)で今年の春まで連載されていたものを、単行本化。(現在はハワイ報知で連載中)



  

『この日のために 池田勇人・東京五輪の軌跡』上・下
幸田真音著/角川書店/1,600円(税別、上・下とも)



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects