ホーム>Member News>サポーティングメンバー>若林覚さん(練馬区立美術館館長)

若林覚さん(練馬区立美術館館長)

2016.11.09

粟津則雄コレクション展『“思考する眼”の向こうに』

サポーティングメンバーの若林覚さんが館長を務める練馬区立美術館にて、
粟津則雄氏のコレクション展11月19日から開催されます。
日本の知の巨人、粟津則雄氏。所蔵のコレクションから氏は何を感じ、何を考えたのか。
氏の思索の旅を追体験できる企画展です。
粟津氏が同館に寄贈したコレクションのうち、厳選された約50点が展示されます。

「それらは、長年に亘り書斎に飾られた愛蔵の品で、粟津氏の眼、表現とともに歩み、
その思考の一端を読み取ることができる意義深い作品ばかりです」。(若林覚館長)


 粟津則雄氏(1927生)はオディロン・ルドンやパウル・クレーなど芸術家の評伝をはじめ、
アルチュール・ランボーやカフカといった詩人・哲学者の訳書や評論など、
フランスの文学、美術、音楽に対し深い造詣を持ちながら、正岡子規や萩原朔太郎、
小林秀雄にも高い関心を抱き、研究・評論をつづけてきました。

 コレクション展開催期間中には、粟津則雄氏ご自身による講演会「絵とのつきあい」
(12月3日15時〜。事前申込・抽選)など、いくつかの関連イベントも開催されます。
関連イベントの詳細はこちらから。

1109wakabayashi_inside

粟津則雄コレクション展『“思考する眼”の向こうに』
【日 時】
2016年11月19日(土)〜 2017年2月12日(日)
 開館時間=10時〜18時(最終入場時間:17時30分)

【会 場】
練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1-36-16)

【休館日】
 月曜日 
 ※ただし、1月9日(月曜・祝日)は開館、翌10日(火曜)は休館/年末年始(12月29日~1月3日)

【観覧料】
 一般:300円
 高・大学生および65〜74歳:200円 
 中学生以下および75歳以上:無料



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects