ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>秦はるひ

秦はるひ

ピアニスト

東京芸術大学付属音楽高等学校を経て、同大学、同大学院を修了。在学中より邦人作品初演を盛んに行う。1978年、ドビュッシー国際コンクール第一位を受賞後、ソロを中心にオーケストラとの共演、室内楽など、バッハから現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、一方、鮫島有美子、チェロの藤原真理などのCD製作、演奏会では伴奏者としても深い信頼を得、なくてはならない存在となっている。近年では、ヨーロッパでの演奏活動も増え、パリ、トリノなどでリサイタルを行う。教育活動も大学院卒業とともに東京藝術大学講師となり、後進の指導に当たり、現在に至る。門下からは国際コンクール入賞者を多数輩出している。2006年より毎春、パリにてアンリ・バルダ氏、アンヌ・ケフェレック氏と共にマスタークラスを行っている。CDは、ソロアルバム『バッハ頌』『細やかな記憶』『HARUHI HATA RECITAL』フォンテックがリリースされている。07年モスクワにてスクリャービン国際ピアノコンクール、08年パリにてイル・ドゥ・フランス国際ピアノコンクールなど国際コンクールの審査にもあたる。

LINK
HP:chez haruhi

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

秦はるひ
ピアニスト
東京芸術大学付属音楽高等学校を経て、同大学、同大学院を修了。在学中より邦人作品初演を盛んに行う。1978年、ドビュッシー国際コンクール第一位を受賞後、ソロを中心にオーケストラとの共演、室内楽など、バッハから現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、一方、鮫島有美子、チェロの藤原真理などのCD製作、演奏会では伴奏者としても深い信頼を得、なくてはならない存在となっている。近年では、ヨーロッパでの演奏活動も増え、パリ、トリノなどでリサイタルを行う。教育活動も大学院卒業とともに東京藝術大学講師となり、後進の指導に当たり、現在に至る。門下からは国際コンクール入賞者を多数輩出している。2006年より毎春、パリにてアンリ・バルダ氏、アンヌ・ケフェレック氏と共にマスタークラスを行っている。CDは、ソロアルバム『バッハ頌』『細やかな記憶』『HARUHI HATA RECITAL』フォンテックがリリースされている。07年モスクワにてスクリャービン国際ピアノコンクール、08年パリにてイル・ドゥ・フランス国際ピアノコンクールなど国際コンクールの審査にもあたる。

HP:chez haruhi
/files/hata_haruhi.jpg