ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>菊池武夫

菊池武夫

クリエイティヴディレクター

1939年千代田区生まれ。64年から注文服の制作をスタート。パリでの海外遊学を経て、70年に友人とレディースブランド「BIGI」、75年には「MEN'S BIGI」を設立。前年秋より放映のドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一の衣装デザインを手がけ、人気を博す。78年ヨーロッパへ進出し、パリにてコレクションを発表。
84年にワールドへ移籍、「TAKEO KIKUCHI」を発表。2004年にはクリエイティヴディレクターを後任に引き継ぎ、05年に自らのディレクションによるブランド「40CARATS&525」を立ち上げる。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

菊池武夫
クリエイティヴディレクター
1939年千代田区生まれ。64年から注文服の制作をスタート。パリでの海外遊学を経て、70年に友人とレディースブランド「BIGI」、75年には「MEN'S BIGI」を設立。前年秋より放映のドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一の衣装デザインを手がけ、人気を博す。78年ヨーロッパへ進出し、パリにてコレクションを発表。
84年にワールドへ移籍、「TAKEO KIKUCHI」を発表。2004年にはクリエイティヴディレクターを後任に引き継ぎ、05年に自らのディレクションによるブランド「40CARATS&525」を立ち上げる。
/files/kikuchi_takeo.jpg