ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>坂村健

坂村健

東京大学大学院情報学環教授/ユビキタス情報社会基盤研究センター長/工学博士

1951年東京生まれ。東京大学大学院情報学環教授/ユビキタス情報社会基盤研究センター長。工学博士。
専攻はコンピュータ・アーキテクチャー(電脳建築学)。84年からTRONプロジェクトのリーダーとして、オープンなリアルタイム性に優れたコンピュータアーキテクチャTRONを構築して世界の注目を集める。現在、TRONは携帯電話をはじめとしてデジタルカメラ、FAX、車のエンジン制御と世界中で非常に多く使われており、ユビキタス(どこでも)コンピューティング環境を実現する重要な組込OSとなっている。さらに、コンピュータを使った電気製品、家具、住宅、ビル、都市、ミュージアムなど広範なデザイン展開を行っている。2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。IEEE(米国電気電子学会)フェロー。第33回市村学術賞特別賞受賞。01年武田賞受賞。03年紫綬褒章。04年大川賞。06年日本学士院賞。
主な編著書には、『ユビキタスとは何か』(岩波書店)、『変われる国・日本へ』(アスキー新書)、『ユビキタスでつくる情報社会基盤』(東京大学出版会)、『グローバルスタンダードと国家戦略』(NTT出版)、『ユビキタス、TRONに出会う』(NTT出版)、『21世紀日本の情報戦略』(岩波書店)、『ユビキタスコンピュータ革命』(角川書店)、『情報文明の日本モデル』(PHP研究所)、『痛快!コンピュータ学』(集英社)、『TRON DESIGN』(パーソナルメディア)など多数ある。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

坂村健
東京大学大学院情報学環教授
1951年東京生まれ。東京大学大学院情報学環教授/ユビキタス情報社会基盤研究センター長。工学博士。
専攻はコンピュータ・アーキテクチャー(電脳建築学)。84年からTRONプロジェクトのリーダーとして、オープンなリアルタイム性に優れたコンピュータアーキテクチャTRONを構築して世界の注目を集める。現在、TRONは携帯電話をはじめとしてデジタルカメラ、FAX、車のエンジン制御と世界中で非常に多く使われており、ユビキタス(どこでも)コンピューティング環境を実現する重要な組込OSとなっている。さらに、コンピュータを使った電気製品、家具、住宅、ビル、都市、ミュージアムなど広範なデザイン展開を行っている。2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。IEEE(米国電気電子学会)フェロー。第33回市村学術賞特別賞受賞。01年武田賞受賞。03年紫綬褒章。04年大川賞。06年日本学士院賞。
主な編著書には、『ユビキタスとは何か』(岩波書店)、『変われる国・日本へ』(アスキー新書)、『ユビキタスでつくる情報社会基盤』(東京大学出版会)、『グローバルスタンダードと国家戦略』(NTT出版)、『ユビキタス、TRONに出会う』(NTT出版)、『21世紀日本の情報戦略』(岩波書店)、『ユビキタスコンピュータ革命』(角川書店)、『情報文明の日本モデル』(PHP研究所)、『痛快!コンピュータ学』(集英社)、『TRON DESIGN』(パーソナルメディア)など多数ある。
/files/sakamura_ken.jpg