ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>籔内佐斗司

籔内佐斗司

彫刻家/東京藝術大学大学院教授

1953年大阪府生まれ。東京藝術大学および大学院で彫刻を学んだ後、同大学院保存修復研究室で、仏像の古典技法と保存修復の研究に従事。その経験をもとにして、檜・漆・顔料などを素材とする独自の制作技法を開発し、 1987年に彫刻家として独立。氏の作品世界を代表的するキャラクターである「童子」は、森羅万象にひそむ命の根源を象徴し、彼らを通じて仏教的世界観やアニミズム的生命観を表現しつづけている。木彫のほかにブロンズ作品を用いた屋外彫刻やマルチプルアートなども手がける。2004年からは、東京藝術大学大学院文化財保存学の教授として、文化財保護の人材育成と仏像修復にも携わっている。'10年の「平城遷都1300年祭」公式キャラクター・せんとくんのデザインを担当。

LINK
HP:籔内佐斗司の世界
HP:東京藝術大学 大学院美術研究科 文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室HP

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

籔内佐斗司
彫刻家/東京藝術大学大学院教授
1953年大阪府生まれ。東京藝術大学および大学院で彫刻を学んだ後、同大学院保存修復研究室で、仏像の古典技法と保存修復の研究に従事。その経験をもとにして、檜・漆・顔料などを素材とする独自の制作技法を開発し、 1987年に彫刻家として独立。氏の作品世界を代表的するキャラクターである「童子」は、森羅万象にひそむ命の根源を象徴し、彼らを通じて仏教的世界観やアニミズム的生命観を表現しつづけている。木彫のほかにブロンズ作品を用いた屋外彫刻やマルチプルアートなども手がける。2004年からは、東京藝術大学大学院文化財保存学の教授として、文化財保護の人材育成と仏像修復にも携わっている。'10年の「平城遷都1300年祭」公式キャラクター・せんとくんのデザインを担当。

HP:籔内佐斗司の世界
HP:東京藝術大学 大学院美術研究科 文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室HP
/files/yabuuchi_satoshi.jpg