ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧> 山田昌弘

山田昌弘

中央大学教授

1957年東京生まれ。81年東京大学文学部卒。東京学芸大学教授を経て、2008年より現職。専門、家族社会学。愛情やお金を切り口として、親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。「学卒後も基礎的生活条件を親に依存している未婚者」の実態や意識について分析した著書『パラサイト・シングルの時代』(ちくま新書)は話題を呼んだ。90年代後半から日本社会が変質し、若者の多くから希望が失われていく状況を『希望格差社会』(ちくま文庫)と名づけ、格差社会論の先鞭をつけた。著書は他に、『家族ペット』(文春文庫)、『少子社会日本』(岩波新書)、『婚活時代』(ディスカヴァー21-共著)など多数。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

山田昌弘
中央大学教授
1957年東京生まれ。81年東京大学文学部卒。東京学芸大学教授を経て、2008年より現職。専門、家族社会学。愛情やお金を切り口として、親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。「学卒後も基礎的生活条件を親に依存している未婚者」の実態や意識について分析した著書『パラサイト・シングルの時代』(ちくま新書)は話題を呼んだ。90年代後半から日本社会が変質し、若者の多くから希望が失われていく状況を『希望格差社会』(ちくま文庫)と名づけ、格差社会論の先鞭をつけた。著書は他に、『家族ペット』(文春文庫)、『少子社会日本』(岩波新書)、『婚活時代』(ディスカヴァー21-共著)など多数。
http://www.club-willbe.jp/support/images/detailphoto/yamada_masahiro_l.jpg