ホーム>Programs & Events>2016年5/22(日)開催『初夏の葉山 茅山荘で坐禅会』

2016年5/22(日)開催『初夏の葉山 茅山荘で坐禅会』

申込を締切ました。たくさんのご応募ありがとうございます。




  坐禅会とは     実施概要     申込方法     お問合わせ  

0525zazen

曹洞宗僧侶の藤田一照(ふじた・いっしょう)師が指導する、
ウィルビーの「茅山荘(ちざんそう)で坐禅会」。
一度「坐禅」を体験したいという初心者から経験者まで、
どなたもスムーズに坐禅に入れるとご好評をいただいております。
この時期、会場の葉山・茅山荘は緑に溢れ、静謐な環境は素晴らしい限りです。
心を鎮め、自分の内面と向き合う貴重な時間。是非ウィルビーのメンバーと共有してください。


<藤田一照師とそのユニークな指導>
藤田一照師は、東京大学大学院在学中に、ふとした機縁で「禅」に出会い、
28歳で博士課程を中退。兵庫県山中の坐禅道場に飛び込みました。
29歳で得度し、33歳の時に禅の師からの命を受けて渡米。
以後、約17年半にわたって住持をしたヴァレー禅堂(マサチューセッツ州)や、
近隣の大学、瞑想センターなどで坐禅を指導してきました。
2005年に帰国し、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたった後、
2010年からはサンフランシスコの曹洞宗国際センター所長。
現在は日本を拠点に坐禅の普及に取り組んでいます。

曖昧さや何となくでは納得しないアメリカ人に、
坐禅の意味を明確に語り続けてきた経験から、
藤田師の指導は初心者にもとてもわかりやすいものです。
また、初めての方もスムーズに坐禅に入れるよう、
坐禅の前に身体をほぐす体操をするなど、
従来のメンタル一辺倒ではない、
フィジカル面も重視した新しい指導スタイルを取り入れています。


指導:藤田一照師

▼前回の開催レポート
▼過去に行われた藤田一照さんへのインタビュー/2009年6月
▼藤田一照オフィシャルサイト


 初夏の葉山 茅山荘で坐禅会/開催概要 

【開催日時】 
  2016年5月22日(日)午前10時00分~

【会場】 
  葉山・茅山荘(ちざんそう)/神奈川県三浦郡葉山町

【指導】 
  藤田一照師

【集合時刻】 
  午前9時30分(厳守)

【集合場所】 
  JR東日本・逗子駅東口ロータリー前/事務局手配のタクシーで会場へ

【解散場所】 
  茅山荘で解散後、JR逗子駅までタクシーでお送りします。

【終了予定時刻(JR逗子駅着)※1
  ・懇親会に参加する方→午後3時30分ごろ 
  ・坐禅会後の懇親会に参加しない方→午後1時30分ごろ 

【定員】 
  25名(メンバー限定/申込者多数の場合は抽選)※2

【主催】 
  クラブ・ウィルビー

※1)道路事情によりお帰りはJR逗子駅到着時刻が前後する場合があります。
  余裕のあるスケジュールでご参加ください。

※2)このプログラムは「プラスカード優先枠」が設定されています。
  申込者多数の場合、定員25名中5名分はプラスカードをお持ちの方のみで抽選を行い、
  残り20名分については、全申込み者で抽選を行います。



*******************************************************************
 懇親会も開催します
 希望者のみで、坐禅会終了後に茅山荘内にて藤田一照師を囲んで懇親会(昼食会)を行います。
 クラブ代表・残間里江子も参加します。
*******************************************************************


 当日スケジュール(予定) 
09:30 JR逗子駅集合(→茅山荘に移動)
10:00 事務局より藤田一照師紹介/からだをほぐす体操
10:40 坐禅のやり方説明
11:00 坐禅1
11:30 休憩、お茶・お菓子をいただきながら懇談
12:00 坐禅2
12:30 クラブ代表・残間と藤田一照師のトーク、質疑応答
13:00 終了・解散(希望者は懇親会へ)
13:10 懇親会(15:00終了予定)


 参加費 
坐禅会のみ参加: 6,700円(逗子駅~茅山荘のタクシーの送迎・お茶と和菓子付)
懇親会にも参加:10,800円(上記+お弁当、お飲み物付)
※このプログラムは「プラスカード割引」対象外です。


受付は終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。



--- お問い合わせは下記にお願いします ---

クラブ・ウィルビー事務局
電話:03‐3400‐2233(平日10:00~18:00)
Eメール: member@club-willbe.jp



Projects

willbe Interview