バックナンバ- 2009年2月

icon_zamma.jpg2月27日(金)25時03分

朝5時前に起きて仕事をしていたら、
7時40分過ぎにファクシミリが入った。
誰かと思えばクミコさんからだった。
先週、ミュージカル仕立ての歌語り、
「届かなかったラブレター」を観に行ったことへのお礼状だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月26日(木)24時35分

久しぶりに「ワイドスクランブル」に出演した。
「今日の話題は残間さんにピッタリですよ。
残間さんにお願いしていて、よかった!」
と、ディレクター氏が喜んでくれたその話題とは、
「玉置浩二・石原真理子24年ぶりの復活愛」

続きを読む

icon_zamma.jpg2月25日(水)25時01分

 昨日、あんなメールを書いてしまったので、
皆さんからお見舞いメールを沢山いただいきました。
ご心配をおかけしてすみません。
いつになく5時間近く眠りましたので、大分ラクになりました。
(私は、6時間以上眠ると、背骨が痛んだり眩暈症になったり、
体調不良になるので、5時間がギリギリなのです)

続きを読む

icon_zamma.jpg2月24日(火)24時11分

'東京シティ・ウォーキング」から丸5日、
筋肉痛はまだない。
この分だと、ないまま終わるのではないだろうか。

ブログに対するコメント欄を見ても、
電話やメールで今回のウォーキングについての感想を、
言って来てくれた人に聞いても、
みんな筋肉痛はないと言う。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月23日(月)24時56分

今日は「club willbe」のHPのインタビューで、
加藤和彦さんと対談をした。

加藤さんとは、1989年に私がプロデュースをした、
横浜市制百周年記念イベント・スーパーオペラ「海光」
の音楽監督をしていただいたことから近しくなったのだが、
それ以降も、加藤夫人だった、
今は亡き安井かずみさんに妹分として、
可愛がっていただいていたこともあって、
「めったに会わない兄貴」というイメージで、
いつも「何となく気になっている」という存在なのである。
(加藤さんは1947年の3月21日生まれで、
私は1950年3月21日生まれ、誕生日が同じなのです)

続きを読む

icon_zamma.jpg2月22日(日)21時05分

一日中、
注意深く身体を点検しているのだが、
今のところ、
筋肉痛は訪れていない。
「三屋理論」からすれば、明後日あたりだろうか?

続きを読む

icon_zamma.jpg2月21日(土)23時55分

「東京シティウォーキング」は、
好天にも恵まれたが、
沢山の厚意と善意に支えられて、
感激のうちに無事終了した。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月20日(金)23時52分

今夜は「club willbe」のサポーティングメンバー、
一柳良雄さんのコーディネートで、
電力会社の幹部の方々3名に、
三屋裕子さんが加わっての会食会が行われた。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月19日(木)25時08分

今日は朝から4つのミーティングがあった。
昨日も少し触れたが、
いずれも、
新しい季節の到来を感じさせるものばかりだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月18日(水)26時15分(またまた午前様)

経済の喪は明けてはいないし
政治も混迷の限りを尽くしているとしか思えないが、
2月も後半に入った途端、
新しい可能性を追求しようとする話が舞い込んでいる。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月17日(火)25時17分

TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」に出演するため、
午前3時半に起床し、4時45分に家を出た。
天気予報では東京の気温は2度ということだったので、
寒さは覚悟の上だったのだが、
一歩外に出た瞬間、
耳がちぎれてしまいそうな厳しい寒さだった。
 

続きを読む

icon_zamma.jpg2月16日(月)23時57分

毎週月曜日の朝は、
10時から会社の定例会議となっている。
小さな組織なので、
各自が抱えている仕事の経過報告をし、
他のスタッフに対する要請事項があれば申し入れ、
情報の共有化をはかることにしているのだが、
今朝は私がこの先の会社の方向性について、
みんなに説明した。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月15日(日)22時41分

昨日の私のブログを読んで、
「独りワイン」について、
何人かの友人が連絡をしてきた。
ほとんどが同世代の女友達だが、
「バレンタインデー」を下敷きにしての文章だったから、
書きやすかったのだろうと思う。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月14日(土)21時33分

*私の風邪について、ご心配をいただきまして、
ありがとうございました。
薬のせいでまだ少しボンヤリしてはいますが、
お蔭さまで、何とか寸前で回避出来たようです。

♥♡〜♥♡〜♥♡〜♥♡〜♥♡〜♥♡〜♥♡〜♥♡

「どよう楽市」は、毎回番組終了後に反省会が行われ、
HPの「はみだし日記」に書き込みをし、
「今ここにいます」に寄せられた写真の中から、
私と大沼さんが独断と偏見で「今ここ大賞」を選んで、
仕事終了になるのだが、
今日はバレンタインデーということで、
女性陣がチョコレートを持って来たのを、
みんなでいただきつつ、お喋りを楽しんだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月13日(金)23時53分

どうやら風邪をひきそうな気配だ。
いや、もう既にひいてしまったかもしれない。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月12日(木)26時08分

今日のお昼は、
日経新聞の杉田会長のお招きで、
明治記念館の「花がすみ」で、
作家の幸田真音さんと共にいただいた。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月11日(水)23時28分

*昨夜突然、インターネットが接続出来なくなり、
このブログが送れなかった。
朝まで待ってナカヤマに電話を入れて、
スタッフに連絡をしてもらおうとしたら、
「まだ6時ですよ。いくら何でも可哀想で起こせませんよ」
と、叱られてしまった。
私はいつまた消えてしまうのではないかと、
心配で心配で、
2時間半仮眠しただけでずっと起きているので、
6時はそう早いとは思わなかったのだが、
考えてみればそれほどムキになることでもなかったと反省。
結局「club willbe」のweb博士のヒロモリの指導のもと、
只今7時45分、無事修復作業が完了した。

****************

今日は、

続きを読む

icon_zamma.jpg2月10日(火)29時25分(何時か解る?)

*恐縮ですが、
はじめに「追伸」からです。

追伸)いろいろ事情があって(後述しています)
凄く長いブログですので、
ゆっくり、何回かに分けてお読みいただければ幸いです。
(お休みでもあることですので、
いつもよりは時間がありますよね.........)

続きを読む

icon_zamma.jpg2月9日(月)19時55分(いつになく早いアップです)

「club willbe」のHPは、
時間を見つけては眺めているのだが、
私自身がどのように関わればいいのか、
距離を測るのは結構難しい。

と、言うのが、「オピニオンボード」の意見交換の場にも、
私の意見を書き込もうかと思うこともあるのだが、
せっかくみんながいい意見を言ってる時に、
しゃしゃり出てはうるさ過ぎやしないかとためらいがあり、
一人静かに見守っていることも多いのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月8日(日)25時45分(既に2月9日です)

昨日のブログのネタにしてしまった罪滅ぼしに、
今日は母に3食ご飯を作った。

朝は母の達てのリクエストで芹(せり)粥。
昼は鶏・人参・椎茸・細切りにしたコンニャクと牛蒡を入れた、
五目炊き込みご飯。
夜はおでんが食べたいと言うので、
朝から煮込んだものを土鍋に入れて部屋に持って行った。
もちろん、それぞれにお刺し身だの焼き魚だの薄切り牛肉のソテーだのと、
3、4品のつけ合わせがあり、結構時間がかかるのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月7日(土)

今日の「どよう楽市」のゲストは今陽子さんだった。
彼女とは2001年に開催した自主企画イベント、
「大人から幸せになろう」に、
パネリストの一人として出ていただいて以来、
折々連絡をし合う仲になっているのだが、
「会おうね」と言いながら、
なかなか会えないでいたので、今日は嬉しかった。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月6日(金)23時34分

夕方から生島ヒロシ氏が主催する「生島企画室」の新年会で、
乾杯の発声を頼まれているので、
仕事の合間を縫って美容院へ行った。

昨晩から寝不足気味だったので、
頭を触られているうちに気持ちが良くなり。
逆らい難い睡魔に襲われ、
いつしかウトウトしてしまった。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月5日(木)23時50分

午前中の飛行機で福岡へ。
朝、景気低迷のせいか道路が空いていて、
思っていたより大分早く羽田空港に着いた。

羽田空港は、東京駅新幹線ホームと並んで、
私の好きな場所だ。
萎えている時、旅の途上にある人を見ると、
力が湧いてくるのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月4日(水)23時53分(に書き始め、終了したのが5日5時55分)

21時25分からのTBSテレビ「水曜ノンフィクィヨン」
(今日のテーマは「孤独死」)に出て、
そのあと、明日は朝から福岡に出張なので、
どうしても今日中にしておかなければならない打ち合わせをナカヤマとして、
23時30分過ぎ、またまた昨日と同じように走っての帰宅となった。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月3日(火)25時05分(正確には2月4日立春)

今日は節分。
あと7分で明日になるという今、
必死の思いで帰宅して、息子と二人で豆まきをした。
母には「多分帰れそうにないので、申し訳ないけど一人でやってね」と、
煎った豆をあらかじめ渡しておいたので、
今ごろは「一人豆まき」を終えて、
眠りについていることだろう。
去年は3人でやったのに、ちょっと可哀想だったかも。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月2日(月)23時54分

夕べは「マンマ・ミーア!」の余韻に包まれて、
気持ちよく眠りについた、
.........と思ったら、
日曜と月曜の中間地点で、
幸福気分が一新されてしまったらしく
夜明け前に突然目が覚めた。

続きを読む

icon_zamma.jpg2月1日(日)23時46分

「ABBA・GOLD~GREATEST HITS」というCDをかけながら,
この原稿を書いている。
(「ABBA」のスペルの最初の「B」は逆向きなのだが、
PCの文字にはないので、通常の「B」にしました)

そう、今日の午後、
映画「マンマ・ミーア!」を観たのだ。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。