バックナンバ- 2009年6月

icon_zamma.jpg6月29日(月)24時18分

浅野史郎さんからの書き込み(このブログの6/25の投稿欄)
読んでいただけましたか?
あの書き込みの後、
ファイティング・モードにすべく、
スポーツ刈りに変身したとのこと。
一説によると「生島ヒロシさんの兄」みたいになったということなので、
近々勇姿をを見に行ってきますね。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月28日(日)23時56分

今日は午後2時から、
調布市の「男女共同参画推進センター」で、
講演会があった。
雨がポツポツ降り出したのに、
沢山の人が集まってくれていた。
会場を見回すと、
子育て中と思われる若い人たちも多かった。
(あとで知ったのだが、保育室にも沢山の赤ちゃんや子供たちがいた)

続きを読む

icon_zamma.jpg6月27日(土)25時38分

今日の「どよう楽市」のゲスト、
金谷財男(たつお)さんに「励まされた」というメールが、
放送終了後、番組宛てに沢山届いた。

金谷さんは、私と同じ1950年生まれ。
高校の英語教師をしていたのだが、
50歳を過ぎたあたりから鬱病になり、
休職、入院、復職を繰り返すが、
なかなか良くならず、
一昨年早期退職したという人だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月26日(金)24時35分

今日はいつにも増して、
忙しい一日だった。

朝4時に起きたのはいつものことだが、
ブログの校正をしてから朝ご飯の支度を済ませ、
息子を送り出してから、
8時半過ぎに代々木の整体に行き、
肩と背中と腰の凝りをほぐしてもらった。
(全身の凝りで吐き気をもよおし始めたので)

続きを読む

icon_zamma.jpg6月25日(木)24時34分

ブログを読んでくれている知人から、
「最近は身体のこと、特に病気の話が多いですね」
と指摘されて、ハッとした。
「病気の話は不快だ」と言われたわけではないのだが、
楽しい話ではないだろうと思ったので、
少し抑えなければと思っていた。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月24日(水)23時15分

8月開講の「willbeアカデミー」について、
「人数が少ない」「日程に限りがあるので行けない」
「まとめてだと値段が高すぎる」.........等々、
当初、私たちが「どうしようか」と悩んでいたことが、
そのまま「疑問」や「ご意見」になっていて、
困惑するやら、申し訳ないやらで、
改めて「どうしたものか」と思い悩んでいる。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月23日(火)24時02分

先日(この欄でも触れたが)
審査員各自による書類審査を終えた、
「地域づくり表彰」の第一回会合が開かれた。

審査委員が一堂に会し、
書類選考の集計結果を見ながら意見交換をして、
第二次選考通過地域を選び、
7月、8月の二ヶ月で現地審査をするのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月22日(月)26時15分

私は、「女は~」だの「男は~」だのと「性差」で、
ものを言うのは好きではないし、
出来るだけそうしないよう気をつけてもいるのだが、
近頃、女と男は「やっぱり違うのかなぁ」と、
思わせられることが多くなっている。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月21日(日)25時33分

吉田拓郎のコンサートツァー初日を観に、
名古屋に行った。

せっかくの拓郎コンサートなのに、
新幹線の中で仕事をしたくはないと思い、
前日根を詰めて仕事をしていたら、
寝る時間が2時間半しかなくなってしまって、
フラつきながら東京駅に向かった。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月20日(土)25時18分

土曜の夜は、
一週間のうちで一番解放されるひとときだ。
昼前にラジオの生放送が終わり、
家に帰って、
「さて、今日は何をしようか」と考えている時がとても楽しい。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月19日(金)25時44分

今日は、過日検査をした、
「膵臓炎の疑い」がはっきりする日だったのだが、
NHKの打ち合わせを抜け出して病院に行ったところ、
金曜日の午後の病院は大混雑で、
順番がなかなか回って来ないのである。
1時間半程待った時、
病院でこんなことを聞くのは躊躇われたのだが、
「あとどのくらいかかるのか」を恐る恐る聞いたところ、
次のスケジユールに支障をきたしそうだったので、
診察キャンセルの手続きをして、
検査結果を聞くのは見送ることにした。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月18日(木)26時10分

朝、スポーツジムへ行った。
これで4週間(も)続いているのだが、
そろそろきつくなってきた。

小一時間、
サポートをして貰いながら、
ストレッチと筋トレを中心に身体を動かしているのだが、
これまでの3回ともが、
前夜遅くまで飲酒を伴う会食があり、
睡眠時間も3時間を切った状態で行っているので、
マットに横たわった瞬間、
そのまま何もせず、
休みたくなってしまうのだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月17日(水)24時33分

「寝ても覚めても『club willbe』なのは解りますが、
何だか最近、頑張り過ぎみたいで、
読んでいてしんどいです」
という感想が寄せられた。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月16日(火)25時36分

朝、起きて、
まだ意識がはっきりとは定まっていない時、
不意に「やり残したことがいっぱいあるのに、どうしょう!」という、
強迫観念に襲われることが多くなった。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月15日(月)24時51分

今日は我が社のスタッフ、
マツダイラの写真展の初日である。
私が「club willbe 」を立ち上げる準備をしている頃から、
マツダイラは「吉永マサユキ+森山大道写真塾」に通い始め、
いよいよ今日、
その「成果」を見せてくれることになったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月14日(日)23時10分

今朝の新聞で、面白い記事を読んだ。
映像作家で多摩美術大学教授の萩原朔美さんが書いた、
「年令同一性障害」(?)についての記事だ。

萩原さんは団塊世代のすぐ上の、1946年生まれ。
祖父が詩人萩原朔太郎、
母は作家でダンサーだった萩原葉子さんである。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月13日(土)24時44分

自分が「昔、どうだったのか」ということは、
案外覚えてはいないものらしい。
一昨日のブログの書き込み欄に、
「あなたは高校時代『有名になりたい』と言っていましたよね」
というのがあったのを見て、
「へぇ、私がそんなことを?まさか、でしょう」と心底驚き、
以来、自分で自分が信じられない。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月12日(金)25時31分

これは今に始まったことでもないのだが、
「club willbe」を立ち上げ、
時間が経つにつれて増える一方なので、
さてどうしたものかと、
悩んでいることがあるのだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月11日(木)23時36分

三社祭の時にお会いした瀬戸山玄さんが、
訪ねて来られた。

瀬戸山さんは1953年生まれ。
早大卒業後、荒木経惟氏に写真を学び、
映像制作会社を経て、
写真・映像・ノンフィクションライターを合体させた、
「ドキュメンタリスト」(記録する人)という肩書きで、
有名無名を問わず、
魅力的な人生を送っている人を、
フィールドワークしているクリエーターだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月10日(水)25時03分

「何とか直さなければいけない」と思いながら、
なかなか克服出来ない癖。
いつしか元々持っていた性質のように身についてしまい、
どんどん直せなくなってしまっている習い性。
「習慣はついに第2の性質になる」とは、
よく言ったものだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月9日(火)24時43分

見事なホワイトアスパラガスを出してくれる、
ドイツレストランで、
久しぶりに月尾嘉男先生とゆっくりお話をした。

主なテーマは8月に開催される、
「club willbe」の夏季特別講座「ウィルビーアカデミー」の、
進捗状況を報告することだったのだが、
(先生のご指導の下、カリキュラムなどを決めているのである)
世情の分析から近未来の展望など、
興味深い話が満載で、実に贅沢な時間だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月8日(月)23時57分

夕べ立ち上げたつもりが、 何かの不具合で立ち上がっておらず、 今気がつきました。 スミマセン!(6月9日朝9時15分)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
会社組織というものは生きものであるから、
生命には限界があり、
それは概ね30年と言われている。
人間の還暦は60歳だが、
会社の還暦は30歳ということか。
先月で会社を創って30年目に入ったこともあって、
「会社」というものについて考えさせられている。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月7日(日)24時34分

今日は、葉山・茅山荘での「willbe坐禅会」が行われた。
沢山のご応募をいただいたのだが、
室町時代の建物での坐禅会なので、
少人数しか入ることが出来ず、抽選にさせていただいた。
中には「必死で早くに申し込んだのに.........」
と言って来た方もいて、本当に申し訳ない。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月6日(土)25時06分

今日の「どよう楽市」のゲストは、
先週お目にかかった井上尭之さんだった。
先週お会いした時にはお話していなかったことだが、
今現在、井上さんは南小樽病院の職員として、
通所リハビリ部門の患者さんのお世話をしているのだという。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月5日(金)24時35分

浅野さんへのあたたかい励ましの言葉、
ありがとうございました。
プリントアウトをして、病院に届けておきます。

昨日、私が病院に行ったとき、
浅野さんは、
「身内や友人の励ましも嬉しいけれど、
特に親しくはない人が、
心配してくれたり、力づけてくれると、
凄く勇気が湧いてくるんだよね。
そういう気持ちに報いるためにも頑張らなきゃって.........」
と、言っていたので、とても喜ぶと思います。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月4日(木)23時47分

今日になって、
一部メディアに書かれてしまったので、
ご存知の方もいるとは思うが、
先週、「親しい友人が厄介な病気になって.........」と書いた、
その「親しい友人」というのは、
浅野史郎さんのことで、
「厄介な病気」というのが、
急性白血病だったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月3日(水)25時08分

今日は愚息の二十歳の誕生日。
夕べ、午前0時になるや、
息子は「わっ、二十歳になったよぉ!」と叫んだのだが、
まだ原稿書きの終わらない私が、
「この時間、あなたはまだ生まれていないわよ。
あと1時間15分後よ」としれっと答えたら、
その場の空気が急に沈んだ。
肝心の時に照れる私の悪いクセ。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月2日(火)24時50分

今日は新しくなった経団連会館で、
「日本創生委員会」が開かれた。
新しい経団連会館は、
元あった場所でも隣接していた日経新聞社と、
JAビルとともに移って来たので、
結果的には新しいビルが3つ並んで建つという、
立派なビジネスゾーンになっているのだが、
こんなご時世に竣工してしまったことを、
大々的には知られたくないのか、
さしたる宣伝はなされていない。

続きを読む

icon_zamma.jpg6月1日(月)24時33分

月曜朝の定例ミーティングが終わってすぐ、
ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さんが打ち合わせにみえた。
過日、ここでも少し触れた「十日町ツアー」の実現性を、
改めて検討しようということになったのである。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。