6/13(土)記憶の外の、昔の私。

icon_zamma.jpg6月13日(土)24時44分

自分が「昔、どうだったのか」ということは、
案外覚えてはいないものらしい。
一昨日のブログの書き込み欄に、
「あなたは高校時代『有名になりたい』と言っていましたよね」
というのがあったのを見て、
「へぇ、私がそんなことを?まさか、でしょう」と心底驚き、
以来、自分で自分が信じられない。

私の言語体系の中に「有名になりたい」などという、
臆面もないフレーズは存在していないはずだし、
ましてやそんなことを他人に言う神経は、
持ち合わせてはいないはずだと思っていたが、
現に「聞いた」と言う人がいる以上、
「そういう私」がどこかに存在していたのかも知れないと、
何とも憂鬱になってくるのである。

そこで、私の過去を検証してみようと思い、
何人かの昔馴染みに聞いて見た。
小学生時代は、病弱イメージが強かったらしく、
総じて「大人しい子」「静かに家で本を読んでいる子」
「地味な子」と思われていたらしい。
(当時はかなり貧しかったから、「病弱」に「貧困」が加わって、
「地味」に見えていたのだと思う)

中学生時代も相変わらず病気がちな子ではあったのだが、
それでも仙台から富士市に転居をしたことで、
それまでの私が一新されたのか、
「ハキハキした子」「明るい子」と、
快活なイメージに変わっていた。

高校時代は、女子高だったこともあって、
格好をつけることも無く、
自由闊達な日々を過ごしていたらしい。
「『これからは同性に好かれないといけないのよ』と言って、
友達を沢山作っていたわよね」
「先生の目にはヤンチャで、悪戯好きで、
お調子者というイメージだったんじゃないかしら。
奥さんを亡くして打ち沈んでいた先生を、
『明るくしてあげよう!』と言って、
先生の黒い自転車に白ペンキを塗ったりしていたものね」
「石坂洋次郎の世界に憧れて、
一人で勝手に『青い山脈』みたいに生きてたよね」
.........そんな頃、
「私、有名になりたいの」なんてことをほざいていたのだろうか。

今回の「検証」は、少人数にしか頼めなかったので、
同窓会などの折りに、
もう少し広く聞き込みをしてみようと思う。

さて、折りも折り、
またしても「昔の私」に関することで、
仰天することが起きたのである。
今日の「どよう楽市」を聴いてくれた人はお解りだと思うが、
番組の後半で、
大沼アナがニヤニヤしながら一通の手紙を取り出し、
「残間さんにこんなお手紙が届いています」と言って、
手紙を読み始めたのである。

「(前略)~残間さんの青春時代はどんなだったかお知らせしましょう。
先ずフォーク好きで、当時流行っていた吉田拓郎が大好きで、
それが尋常ではなく、
放送局だったのでレコード視聴室があったのですが、
そこに拓郎の「結婚しようよ」のドーナツ盤を持ち込んで、
3時間ほど「結婚しようよ」を聴いていて、
他の視聴する者をイライラさせたことがありました。
それほど拓郎が好きでした。
番組にまつわる話では、
ロイジェームスさんが司会の全国ネットの番組があり、
各局の女子アナが競演していたのですが、
御当地は残間アナが担当していて、
最後に担当者を言う時、
『静岡からはクレオパトラこと残間里江子でした』と、名乗っていました。
(中略)
そんなわけで、フォークの申し子と言いましょうか、
歌が上手く、私も作曲が好きだったものですから、
里江ちゃんに何曲か歌ってもらいました。
お送りしたMDはその中の一つ、
『あの人は元気かしら』というもので、好評を博した曲です。
このMDは私しか持っておりません。
里江ちゃんには内緒で、この手紙を読んで、
MDをかけていただきたいと思います」
手紙はSBSの先輩アナ・青木輝さんからのものだった。

「きゃあ!どうしよう!」と思った時には、
既に「あの人は元気かしら」が流れていた。
冷や汗がドッと出てきて、全身がグッショリ、
こんな体験は初めてだった。

吉田拓郎フリークはともかく、
「クレオパトラ」だって?
冗談にも程がある、ではないか。
あゝ、またまた自分で自分が信じられなくなった。

カテゴリ:

コメント(2)

「どよう楽市」聞いてしまいました。
残間さんでも慌てる事があるのかとニコニコ聞いてました。
昨日は私の参加している「元気・まちネット」の代表を交えて飲む機会があり、先週参加させて頂いた「茅山荘での座禅」の話、その折の残間さんのもてなしの事等を話しました。
とても良かったので絶賛したのですが、代表からは「すっかり残間教だね」と言われ、そうかも知れないと思わされてます。
そんな人間にとってはいつまでも「クレオパトラ」です。

背が高くスラッとして顔立ちも華やかで、「ザンマさん」の名は転入してすぐに広まりました。ある日、体育館のクラブ活動へ向かう時、雷が鳴ったのですが、渡り廊下の端で、「キャー キャー」と雷に負けないくらいの大きな高い声で叫び出したのは下校しようとしていた残間さんでした。それまでそういう長い叫び声は聞いたことがなかったので、私は固まりましたが、残間さんのその表情から、田舎のチビ中学生にも、それはアピールの声なのだとわかりました。正直こういう人がいるのだということを知りました。残間さんのスカートの追っかけ襞はウネウネと波打っていて不思議だと単純に感じ、声が良い、もの凄く作文が上手だという思い出がありますが、後年の活躍を知り、このブログを含め書かれたものを読むにつれ、つまりあの頃が繋がっていると、当たり前ですが、つくづくそう思います。(他に著名人など知らない私は)そこそこに満たされていてはダメ、惰眠もダメ、早くから先を見据える受け継いだ天分が必須と、バロメーターができました。

コメントを投稿する

      

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。