6/21(日)拓郎の「今日まで」そして「明日から」

icon_zamma.jpg6月21日(日)25時33分

吉田拓郎のコンサートツァー初日を観に、
名古屋に行った。

せっかくの拓郎コンサートなのに、
新幹線の中で仕事をしたくはないと思い、
前日根を詰めて仕事をしていたら、
寝る時間が2時間半しかなくなってしまって、
フラつきながら東京駅に向かった。

既に8月3日の東京公演(最終日)のチケットは押さえてあったのだが、
高校時代からの女友達をどうしても連れて行きたくなって、
初日チケットをも必死で入手したのだった。
(何しろ、拓郎は、「今後、全国ツアーはしない。
これが最後のツアーだ」と公言しているので、
全国各地の10公演はあっという間に完売したのである)

この拓郎ファンの女友達とは、
大昔の朝霧高原のオールナイト・コンサートをはじめとして、
拓郎のコンサートのかなりの数をともにした仲で、
2006年の「つま恋」も一緒に行ったのだった。

私がSBSの局アナだった頃、
彼女は商船三井のブラジル航路の,
キャビンアテンダント(CA)を辞めて、
その次の就職が決まるまでの間(その後,ANAのCAになるのだが)
しばし郷里に戻って、静岡市で働いていた時代があるのだが、
通勤の東海道本線の中で、
由比や興津の海岸線を眺めながら、
二人でよく拓郎の話をしたものだった。

その彼女が、
昨年とても仲良しだった妹さんを不慮の事故で亡くし、
未だ涙が乾かない状態なので、
何とか力をつけたいと思っていたのと、
丁度今月彼女が還暦を迎えるので、
「お祝いを兼ねて」との名目で、
「名古屋サプライズツアー」を企画したのである。

ところが、妹さんに次いで、
ご主人の義母さんが亡くなったり、
実母の手術が重なったことなどが影響したのか、
先月末、突然体調を崩し、
私が「拓郎ツアー」を「発表」した時には、
既に精密検査の日程が組まれてしまっていたのだった。

それでも「何とか行きたい」と、
彼女も直前まで頑張ってみたのだが、
昨日になっても眩暈と頚椎の痛みがとれず、
やむなくナカヤマに代役を頼んで、
同行して貰うことにしたのである。

会場のセンチュリーホールは、
名古屋国際会議場域内にある大きなホールだが、
開場間もなくから建物をグルリと巻くような形で、
沢山の人が入場を待っていた。
私と中山も列に加わり、
ふと回りを見回すと、頭髪の乏しい人から、
どうみても20代の若者まで、
色とりどりの(?)老若男女が並んでいた。

開演は18時だったのだが、
このくらい大きな空間での公演だし、
ツアー初日ということからすれば、
10分程度の「押し」(遅れ)はよくあることなので、
のんびりグッズコーナーの列に並んでいたら、
定刻少し前に、
「間もなく、開演です!」のアナウンスが流れてビックリした。

あたふたと席についたのだが、
着席するや否や、
ステージにいきなり拓郎らしき人が現われ、
歌い出そうとするのだった。

「らしき」と書いたのは、
今度のアルバムのジャケット写真でも見てはいたし、
インタビュー記事にも「痩せた」と書いてあったので、
知ってはいたのだが、
さらにいっそうスリムになっていて、
「ん?これ、拓郎?」と思うほど、
イメージが変わっていたのである。
髪の毛の長さこそ違うが、
二十代の拓郎がそこにいたという感じだったのである。
(これは本当に嬉しかった)

私は、一挙手一投足を見逃したくないと思って、
家から双眼鏡を持参していたのだが、
この「ニ十代の拓郎」を感じた瞬間から、
ほとんど最後まで双眼鏡を覗きっ放しだった。

コンサートの詳細は、
この先行く人のために書かないでおくが、
とにかく「素晴らしいコンサート」だった。

考えてみれば、
2003年に肺癌が見つかり、
摘出手術と半年間のリハビリを経て、
復帰ツアーが3年連続で開催され、
その頂点が2006年の「つま恋」だった。
その後、2007年に名古屋での公演後、
スタッフとの食事の席で具合が悪くなり、
救急車で病院に搬送されて、
そのままツアーは中止になったのだった。

因縁の名古屋でもあったので、
心配だったのだが、(それもあって、観たいと思ったのであるが)
声はよく出ていたし、お喋りもいつになく長めで楽しめたし、
観客にも一切媚びない態度もいつも通りだった。

「あまりに歌いすぎた歌は歌いたくないもので、
ずっと歌って来なかった曲があるんだけど、
今日は歌おうと思う。
候補曲が2曲あるんだけど、どちらか1曲を歌うけど、
どっちがいい?」と、聞いて、
本当にい1曲しか歌わなかったあたりは、
「バンカラ&ガンコな拓郎」の健在ぶりを示していて、
カッコよかった。
(観客は両方を望んで、両方にもの凄い拍手を送ったのに、
やらなかったのである。他のアーティストなら絶対やると思ったが.........)

最後のほうで(ここも、ぼかしておかないとね)
新曲「ガンバラナイけどいいでしょう」を歌ったのだが、
双眼鏡で観ていたら、
「ガンバラナイけど」はオンマイクで歌っていたが、
「いいでしょう」は歌わないか、歌ってもオフマイクだった。

ああ、拓郎は今日も、
「頑張っている自分」を感じているんだと思った。
先日この欄にも書いたが、
この曲は、最後の方で一箇所だけ、
「ガンバレナイけどいいでしょう」という歌詞があるのだが、
(「ガンバラナイ」のではなく「ガンバレナイ」)
そこだけは、拓郎は「いいでしょう」を声を張り上げて歌っていた。

意図してのことなのか、
無意識だったのか解らなかったが、
不意に胸を衝かれて、涙が流れそうになった。

「ガンバラナクテいいでしょう」にクロスして、
「♪~私は今日まで生きてみました~♪」という歌、
最近のコンサートでは封印されていた、
「今日までそして明日から」が流れ出した。
拓郎はこの曲に乗せて口だけを動かして、
「ありがとう」を十数回言っていた。

最後のお辞儀は、
腰を深々と折ったまま、
30秒にものぼる長さだった。

カテゴリ:

コメント(4)

素晴らしいコンサート会場の様子がよくわかりました!

一緒に参加予定されていたお友達
一日も早く体調の回復をされますように念じております

残間さんの友人を思う気持ちと拓郎ファンをともに共有しようという
熱い思いも伝わってきました

吉田拓郎さんは、当時エレックというレーベル会社から、ソニー・ミュージック{当時CBS/ソニー)へ移籍して来ました。大きなギターを片手に、雪駄履きでした。
『今日まで、そして明日から』を聞いて、我々とあまり変わらない、20代の後半で、よくもこのような老成した歌を、当たり前のように歌えるものだと感じ入りました。
フォークの好きな仲間達は酔うと必ず夢中になって歌いました。
あれから、35年以上が経ち、今の拓郎さんが、あの頃に増して、強いメッセージを伝えてくださることに音楽のもたらす力と拓郎さんの活躍に改めて敬服いたします。

わたくしも、高校1年くらいに、『夏休み』を聞いて拓郎のファンになりました。残念ながらコンサートで生の歌を聴くことなく40年近くたってしまいましたが。いま1度 ”テープ”をまわしてみようかな。『高円寺じゃないよね』『リンゴ』『落葉』『まにあうかもしれない』『線香花火』....くーっ!懐かしい。

残間さんもチケット入手が困難だったなんて驚いてしまいました。招待券とかをいただくのかと・・。

朝のテレビで観た拓郎の表情は疲れているようだったので心配でした。残間さんの、ぼかしていただいたご報告を読んで、いつもの拓郎節だったようだし、ずっと歌ってなかった曲も歌ってくれたようなので安心しました。

75年つま恋に行ったことのある友達と、07年のコンサートに緒に行く予定が拓郎の病気で中止。
昨夏天国に旅立ってしまった、その友達の写真を持って
3日後、拓郎に会いに行きます。

一般人の私達が、好きな拓郎にまつわる様々な場面・・・喜びや胸を痛めることも・・・残間さんと共感できることがあるのを、うれしく思っています。

毎日、ガンバラナイけどいいでしょう を聴いています。

コメントを投稿する

      

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。