バックナンバ- 2009年8月

icon_zamma.jpg8月31日(月)21時33分

断食道場2日目。
昨晩は眠ったのか、眠らなかったのか、
よく判らないまま朝が来てしまった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月30日(日)21時21分

朝10時半、母と選挙に行った。
ここまでただの一度も棄権をしたことのない母は、
私にも棄権は許さないので、私も今のところ皆勤だ。
ただし、93歳の母をふだん行き慣れていない投票所(児童館)まで、
一人で行かせるわけにはいかないので、
母と同じ屋根の下に住むようになっえからは、
連れ立って選挙に出かけることが慣例となっている。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月29日26時03分

今日の午後は、
東京ディズニーランドの、
アンバサダーホテルで開催された、
「全国秘書会議2009」で講演をさせていただいた。
これは全国各地で秘書をしている人たちが、
一年に一度、一堂に会して実施するセミナーで、
社団法人日本秘書協会が主催している。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月28日(金)21時50分

愚息の荷物について、様々なご意見、
ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続きを読む

icon_zamma.jpg8月27日(木)25時09分

昨日は昨年10月1日に発足した「観光庁」で講演をした。
観光庁は「観光立国」を標榜し、
2010年までに、日本を訪れる外国人旅行者を1000万人、
日本から海外に行く人たちを2000万人、
日本人の国内観光旅行による一人当たりの宿泊数を4泊に、
という目標を掲げているのだが、
折りからの不況で、
国内外含めて旅行者は減少傾向なのだという。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月26日(水)24時54分

朝、ナカヤマが自分のマンションの、
ゴミステーションから「調達」してきた、
ダンボールを抱えて私の家に来た。
「タクシーを使うのはもったいないので、
山の手線と地下鉄を乗り越えて来たわ」
と、言いながら、汗を拭いている。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月25日(火)25時50分

このブログも、
新しいタイトルになってからは、
なるべく昼間のうちに書こうと思っているのだが、
昨日書いたのが24時ギリギリだったのに、
今朝5時や6時に書いたら、
前日分を読んでくれない人がいるのではないかと、
余計な心配をしているうちに、
慌ただしいビジネスアワーが始まり、
気がつくとまたもやこの時間である。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月24日(月)23時58分

今日は、
素敵な人たちと沢山話をした一日だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月23日(日)23時57分

本当のことを言うのも「大人の要件」だが、
一人で行動することも、
大事な「大人の要件」だと思うので、
遅ればせながらではあるのだが、
出来るだけ一人で行動するようにしている。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月22日(土)17時40分

今日は「willbeアカデミー」の第3回が開催された。
1時限の小泉武夫さんの講義から、2時限松井孝典さん、
3時限の藤原帰一さんと、
とても刺激的な講義が続いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月21日(金)17時35分

今に始まったことでもないし、
全ての人がそうだというわけでもないのだが、
近頃とみに、取材でインタビューに来る人たちの「聞く力」が、
衰えているような気がする。
これは私だけが言っているわけではなく、
友人の作家や芸能人たちも異口同音に嘆いている。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月20日(木)11時13分

昨日と一昨日の私の拙きブログ、
(「拙稿」とは言うが、
ブログの場合は「拙ブログ」と言うのだろうか)
に寄せられたコメントを拝見して、
とても嬉しかった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月19日(水)10時05分

愚息がアメリカに行って40日余になるが、
未だに「淋しいでしょう?」と言う人が多いのには困惑する。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月18日(火)10時15分

朝起きて、
年々歳々、地味な花になっていくベランダの朝顔に水を遣った。
(去年も書いたが、息子の小学校1年の時の宿題の朝顔の種を、
今年も蒔いたのである。年々痩せ細っていくのが、
我が身と重なって愛おしくもあり.........)
お風呂に入って、軽く洗濯を済ませ、
安宿の朝ご飯みたいな質素な朝食(十五穀米、ナスの味噌汁、
シラスと大根おろし、納豆、自家製ぬか漬けのキュウリ・大根・人参に、
常備菜の昆布の佃煮など.........)を食べてから、
3人にメールを返信したら、午前8時すぎ。
ブログは、この時間帯で書ければいいなと思っていたので、
ようやく理想のペースになることが出来た。


続きを読む

icon_zamma.jpg8月17日(月)24時34分

昼間書こうと思いながら、
またしても夜の執筆になっている。
(ブログは「執筆」とは言わないか.........)

続きを読む

icon_zamma.jpg8月16日(日)23時12分

いろいろあっても、
それぞれが帰るべきところに帰るこの季節、
人は、自分の「居場所」を知る時なのかも知れない。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月15日(土)17時25分

予定より少し遅れたが、
今朝、「club willbe 」のホームページをリニューアルした。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月14日(金)23時57分

東京都内も、
昨日あたりからは、
さすがに人が少なくなっているみたいだ。
病院も開業医はお休みのところが多く、
いつも軽い風邪の時に行く近所の内科医も、
来週月曜日まで休診だという。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月13日(木)18時26分

朝、3時半に目が覚めたら、
全身の節々に鈍い痛みを感じた。
いつもの「背中痛」とは違う、
モヤッとした痛みである。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月12日(水)17時34分

朝、東京新聞の「人生相談」と、
神奈川新聞の原稿を書いて、
さて、今日はどんな感じで出かけようかと、
考えこんでしまった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月11日(火)15時19分

朝の地震、驚きました。
みなさんの地域は大丈夫でしたか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私はいつも通り、
4時過ぎには起きていたので、
すぐにナカヤマの実家(静岡県富士市)に電話を入れて、
一家の無事を確認したあと、ナカヤマに連絡した。
(日頃からナカヤマは「地震感知能力」が極端に低いので、
きっとまだ気づいてはいないと思い.........)

続きを読む

icon_zamma.jpg8月10日(月)9時58分

深夜、ブログを書くのをやめて、
その日のブログはその日の朝に書くことにしたら、
(昼間になることもあるかもしれないが)
気持ちがラクになった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月9日(日)11時35分

ナカヤマの「誕生日&還暦祝い」は、
8月8日午前0時丁度、
表参道の焼鳥屋で乾杯をして終えたと、
一昨日のブログに(8月7日から8日にかけてブログ)書いたが、
あれは実は「目眩し」だったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月8日(土)18時18分

今、第二回「willbeアカデミー」が終了して、
オフィスに戻ったところだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月7日(金)25時25分

夕立の中、大野真澄さんのライブに出かけた。
先日「どよう楽市」に大野さんがゲストで出てくれた時、
「今度ライブに来てよ」と、言われたので、
東京でのライブ日程を探したところ、
一番近いのが今日の「Live in ATTIC」なのだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月6日(木)23時51分

しばらくぶりに「ワイドスクランブル」に出演した。
10時過ぎ、局に入り、
出演者ロビーに行ったら大和田獏さんに会った。
大和田さんは私と同世代ということもあって、
(同じ年の生まれだが、私は早生まれなので、学年は私が1級上)
何となく気が合い、
久しぶりに出演しても違和感なく話が出来る。
(と、私は思っている)

続きを読む

icon_zamma.jpg8月5日(水)23時41分

8月になった途端、
休みをとっている人が多く、
ビジネスアワーのミーティングが少なくなった。

こんなときこそ、
日頃ゆっくり話せない人と話そうと、
今日は何人かの友人・知人と長電話をした。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月4日(火)24時28分

しつこい「背中痛」の原因を追求するために、
病院に行って、MRIを撮った。
今週はスタッフも健康診断を受けているので、
誰かが必ず病院に出かけている。
吹けば飛ぶよなささやかな会社なのだが、
私が「健診好き」ということと、
「小さくても会社は会社、やるべきことはやらなければいけない」
と言う、総務担当役員のナカヤマの主張で、
年に一度全社員に健診を受けて貰っているのだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月3日(月)27時33分(4日の午前3時33分)

家に帰ってから、
さっきまで会っていた人にお礼とお詫びの電話をしたり、
(こちらからお誘いした会食だったのに、
あまり楽しくはさせなかったような気がして)
どうしても今、書かなければならない(書いておいたほうがいい)
メールを3通ほど書いているうちに、
エネルギーが枯渇してしまった。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月2日(日)24時03分

今日は、訪日中の鮫島有美子さんと夕食をともにした。
鮫島さんからは、
「willbeのサポーティングメンバーには歌手が沢山いるのだから、
チャリティーコンサートでもやらない?
人数が多いならガラコンサートみたいなものでもいいし、
俳優もいるのだから、
朗読なども入れたら面白いんじゃないかしら?
私が住んでいるオーストリアにも、
「朝まで生テレビ」的な番組があるのだけれど、
24時間ではなく、せいぜい4、5時間なのだけれど、
中身は全編チャリティーコンサートなの。
是非、やりましょうよ!」
という提案をいただいていたので、
その件を踏まえて、
久しぶりに「ゆっくり話をしよう」ということになったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg8月1日(土)24時15分

willbeアカデミー初日。
緊張して朝を迎えた。

さすがに最近は、
自分の講演ではあまり緊張はしないのだが、
会社主催のイベントや誰かにインタビューをする仕事など、
他者が関係し、他者に委ねる部分の多い仕事の時は、
八百万の神仏に祈願でもしたい心境なのである。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。