8/25(火)牡丹灯籠と甲斐よしひろ

icon_zamma.jpg8月25日(火)25時50分

このブログも、
新しいタイトルになってからは、
なるべく昼間のうちに書こうと思っているのだが、
昨日書いたのが24時ギリギリだったのに、
今朝5時や6時に書いたら、
前日分を読んでくれない人がいるのではないかと、
余計な心配をしているうちに、
慌ただしいビジネスアワーが始まり、
気がつくとまたもやこの時間である。

今夜は、しかしかなり本気で焦っていて、
一体何時に仕事が終わるのか見当もつかない。
少なくとも23時までの間に、
どうしてもかけなければならない電話が3本あるので、
多分、このブログは中断しなければならないと思うし、
ブログが終わったら、
明日の講演のレジュメを考えなければならないのだが、
その前に、NHKラジオ「どよう楽市」の、
「夏休み日記パート2」の原稿も書かなければならない。

いつも思うことだが、
こんな私にもなにがしのニーズがあるということは嬉しいことだし、
幸せだし、とても有難いのだが、
一方で、背中は痛いし(今日もまた別の病院に行って来た)
身体は重いし(脂肪が増えた感じ)
パワー不足で、
イマイチ冴えない自分が情けない。

.........というような愚痴をこぼしている時間はないのに、
やはりこのブログは私の心の落書き帳なのであろう、
書き始めると終わらせたくなくなるのである。

さて、さて、今日も朝から重い身体を蹴り上げながら、
あちこち走り回り、
合間にスタッフに檄を飛ばしているうちに、
一日が終わった。
今日の締めくくりは、
先日急な発熱で行けなくなったシアターコクーンの、
「怪談 牡丹燈篭」だった。

カーテンコールが終わり、幕が完全に下りた瞬間、
この芝居を見損なった人は、
「あの時、無理してでも行けば良かった」と、
後悔するだろうなと思った。
千秋楽まで満席だということで、
今日も立ち見の人が何人かいたが、
立ち見でも観ておいた方がいいだろうと思った。

とにかく美しい芝居なのである。
舞台上の事物が綺麗という意味ではなく、
芝居そのものが美しいのである。

元々は、作家の大西信行さんが「文学座」の杉村春子さんのために、
書き下ろした新劇用の芝居だったのが、
やがて歌舞伎の役者さんたちが、
「是非演らせて欲しい」と言うようになって、
広まって行ったのだという。

これは普通に言えば、照明・美術・衣装・映像・音響などの、
制作力が優れているということになるのだと思うが、
それらを実際に動かしている(操作している)
人たちの技もなかなか大したものだと思った。
しかし、何といってもが凄いのが「演出力」だ。
役者たちもそれぞれが光る演技を見せているが、
(段田安則、伊藤蘭がよかった)
動きがとても美しいのである。

プロデューサーの北村さんに、
「再演はしないのですか?」と聞いてみたら、
「やらないわよ。私も若くはないし、
パッとやってパッと終わるのが好きなの」

.........ということで、
残念ながら、あと6回で終わってしまうのである。

「演劇の新境地」とも言うべき作品を観せて貰ったことことは、
この先も忘れないと思うが、
今夜はもう一つ、感動の場面があった。

私の前の席に、見覚えのある横顔を発見したのである。
実は、芝居が始まる前に、
「もしかしたら」と気になっていたのだが、
いきなり背後から声をかけるわけにも行かず、
黙っていたのだが、最後の最後、
ほぼ同時に気がついたのである。

「あっ、残間さん」
「やっぱり、あなただったのね」
「あれから大分経ちますよね」
「かれこれ25年よ」

ハスキーボイスの持ち主は、
甲斐よしひろさん。
そういえば、私のお葬式の時にかける曲は、
「杏奈」にすると決めていたのだった。

「近々、ゆっくり会いましょう」と、約束して別れた。
牡丹灯籠と甲斐よしひろ。
一言でまとめるのが難しい夜だ。

カテゴリ:

コメント(2)

ミュージカルやお芝居が好きな私としては、残間さんおっしゃるところの美しい「牡丹灯籠」をぜひ観たいと思ってしまいます。すぐに観に行けない状況であるのが本当に残念です。
甲斐よしひろさんもご覧になっていたのなら、尚更・・・
私は高校生の頃から甲斐さんのハスキーボイスのファンだったんです。

満席ですか・・・そうでしょうね・・・。
ここしばらくシアターコクーンも行っていませんがその理由はほとんどチケットが手に入らないことです。
先の予定が分からないサラリーマンにとって前売りはリスクがあり、当日券で、と思っても先ず手に入らず、なかなか観ることができないのが実情です。
それでも昔はシアターコクーンでは立ち見でも何回も観ましたし、パルコでは「お座布団席(実は階段に座るのですが)」に座ってニジンスキーを観たりしたものです。蜷川、つか、野田、鴻上・・松たか子が光っていたシーンや故緒方拳の「ゴドーを待ちながら」を見たり、演劇に一時期通いつめましたが・・・。
彼らは5年前と違う新しい自分を発見し、表現しているのでしょうか。残間さんのブログを読んでなんとか行ってみようかと思ったりしましたが、やはりサラリーマンにとって映画の方が行きやすいので・・。この辺りが演劇ファンが増えない理由かも知れませんね(自分の尺度ですみません)

コメントを投稿する

      

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。