バックナンバ- 2010年1月

icon_zamma.jpg1月31日(日)22時19分

2010年1月最後の日。
午前中、青山で打ち合わせが一件あり、
その後、シス・カンパニー企画・製作の、
「えれがんす」を観に、
新宿・紀伊国屋ホールに行った。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月30日(土)24時38分

今年に入ってから、
アラ還世代の動き、
とりわけ今年還暦を迎える寅年男たちの動きが、
活発になっているような気がする。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月29日(金)22時08分

お昼に冒険家・風間深志さんが訪ねて来て、
2人でランチをとった。

風間さんは、以前もこの欄に書いたが、
オートバイによる史上初の北極点・南極点到達、
エベレスト世界最高高度(6005m)記録など、
世界記録を3つも持っている、
真の冒険家だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月28日(木)24時35分

数日前の新聞報道で、
「有楽町西武が、今年12月下旬に閉店」
という記事を読んで、感無量だった。

有楽町西武は1984年に開業したのだが、
一ヶ月に亘るオープニング・イべントは、
会社を創って4年目の、
弊社・キャンディッドが執り行なったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月27日(水)24時23分

朝9時20分、
お台場のフジテレビに行った。
今日は「フジサンケイグループ広告大賞」の、
審査会が開かれるのである。
今年で39回。
この広告賞には「メディア部門」「クリエイティブ部門」
「パブリック部門」の3部門があるのだが、
私の担当は「クリエイティブ部門」
広告の中の「表現」と「創造性」を審査するというものだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月26日(火)24時53分

今日のランチはトマト鍋だった。
最近流行っているらしいが、
私は初めての経験だった。

ご馳走してくれたのは、
このトマトを製造販売している、
朝日工業の赤松社長だったのだが、
単にご馳走してくれたのではなく、
自らの手でトマト鍋を作ってくれたのであった。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月25日(月)26時06分

今日は、
いくつか「いい話」を聞くことが出来て、
一足早く春が訪れたような気分になった。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月24日(日)23時49分

海外に住む女友達から、
「このお正月、久しぶりに日本に里帰りをしたら、
いろいろ考えさせられたわ」という、
嘆息混じりのメールが届いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月23日(土)25時53分

今日の「どよう楽市」のスタジオゲストは、
今年還暦を迎える俳優・滝田栄さんだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月22日(金)24時24分

オフィスのバルコニーに、
長い間、放置されたままになっていた、
「金のなる木」に花が咲いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月21日(木)25時06分

風邪は何とか自力で封じ込めたのだが、
先週から左の目に出来ていた、
ものもらいが完治せず、
今日も瞼の中の違和感と闘っている。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月20日(水)23時55分

新年が明けて今日まで、
日々負担に感じることもなく、
昨年に比べたら、
精神的にも身体的にも随分ラクな感じなのだが、
今日は珍しく夕方から頭が重く、
どうやら風邪を引きはじめているらしい。
多分、気温が上がっているのに、
真冬の厚着で走り回り、
汗をかいたのが原因なのだろうと思う。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月19日(火)24時47分

今年の私の大きな目標の1つは、
「club willbe」を経済的に自立させることなのだが、
この経済情勢にあって、
正直のところそう簡単ではない情勢だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月18日(月)25時33分

浅川マキさんが亡くなった。
この1、2年、急に思い出しては、
どうしているのかなぁと気になっていた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月17日(日)24時15分

阪神・淡路大地震から15年目の今日、
ハイチ地震の悲惨な映像と重なって、
地震発生後一週間目に大阪港から船で神戸に入り、
現地視察に加わったあの日のことが蘇って来た。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月16日(土)24時18分

1週間で一番ホッとする土曜の夜。
今夜は「どよう楽市」のスタッフ新年会があり、
朝から緊張の連続だった一日が、
心楽しく幕を閉じた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月15日(金)25時13分

午後4時半、
ホテルオークラでの講演が終わり、
オフィスに帰るべくタクシーに乗った。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月14日(木)24時41分

今年は少し余裕をもって過ごしたい、
否、過ごさねばと思っているのだが、
既に今月の夜のスケジュールはすべてなくなり、
来月も徐々に埋まって来ている。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月13日(水)24時58分

会議の合間を縫って、
以前から行きたいと思っていた、
子育て支援施設「あい・ぽーと」に行ってみた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月12日(火)25時12分

民主党政権になって、
いろんな場所で「変化」が表われている。
これが「変革」(単に変わるだけでなく、改まること)
までいくのかどうかは、未だ何とも言えないが、
表層はかなり変わってきている。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月11日(月)24時06分

結局、早朝眠りについたのだが、
朝6時には新聞が来るので、
自然に目が覚めて、
ふと気づくと
足の裏が腫れていて、
歩行困難になっていた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月10日(日)27時45分

今年初めての「club willbe」イベント企画、
「新春の集い」が目白の椿山荘で開催された。
「申しこみをしたとばかり思っていたので.........」と言って、
お洒落をして椿山荘に来てしまったという2人も含めて、
(実際はインターネットの入力ミスだったらしい)
約130人の方が集まって下さった。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月9日(土)22時57分

私がNHKに行くために、
家を出る5分前に、
愚息は成田空港に向かった。
番組が終わる頃、離陸予定だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月8日(金)25時30分

午前11時から電通年賀会に出席。

日建設計副社長の安さん、
博覧会プロデューサーの泉真也さん、
昔NHKマンで今はwowow社長の和崎さん、
ビデオリサーチ特別顧問の木村さん、
日本消防協会理事長の秋本さん.........など、
何年ぶりかで懐かしい人たちにお会いした。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月7日(木)25時04分

今日は「club willbe」が正式スタートして1年。
この間、いろいろあったが、
何とか無事に今日の日を迎えることが出来て、
とても嬉しい。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月6日(水)23時58分

昨日の深夜から今朝にかけて、
「東京新聞」の人生相談の原稿、
「神奈川新聞」のコラム、
間もなく立ち上げる予定のwillbeHPの、
奥田瑛二さんと吉永みち子さんとの鼎談の校正と、
締め切りが重なっていた。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月5日(火)23時45分

年末年始、
ふと目にした「断片」が、気になっている。

今更ながらではあるのだが、
「あゝ、そうだったのか」
というようなことがいくつかあって、
いつのまにかすっかり頭が硬くなってしまったことを実感し、
「思い込みはいけないな」と、反省しているところだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月4日(月)24時48分

「今年は何々をやるぞ」と誓っても、
年々精神力が脆弱になり、
出来ないことが増えているので、
「今年は何々はやらないようにしよう」と、
消極的な誓約に変更してみた。
で、今年は「人に説教はしないようにしよう」ということが、
「やらないことリスト」の一つだったのだが、
仕事始めの今日、早くも禁を破ってしまった。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月3日(日)24時38分

朝、母から手紙が届いた。
厳密に言うと「届いた」のではなく、
母が飛脚になって持って来たのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月2日(土)23時59分

朝から一歩も外に出なかった。
多分数年ぶりのことだと思う。

続きを読む

icon_zamma.jpg1月1日(金)25時56分

明けましておめでとうございます!
.........と言うか、
素直に「おめでとう」と言える年にしたいですね。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月31日(木)24時57分

朝、愚息と大船観音へお札を納めに行った。
帰還スケジュールが立て込んでいるとは言え、
年末の恒例行事となっている、
父の墓参と大船観音だけは欠かさなかった。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。