バックナンバ- 2010年4月

icon_zamma.jpg4月29日(木)24時35分

何年かぶりの「視察旅行」だったが、
これまでとはずいぶん趣の違う視察だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月28日(水)6時17分

4時起床。
2時間ほど眠ったら、朝が来た。
さすがに眠い。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月27日(火)25時12分

今日は風吹ジュンさんに誘っていただいて、
中国茶の専門家である「古今茶籍」の簡さんをお訪ねした。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月26日(月)24時56分

過日「willbeの地域イベント」に関しての、
「ご意見」や「励まし」のお言葉、
本当にありがとうございました。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月25日(日)24時48分

今日は新緑が美しい、
葉山・茅山荘で、
「willbe坐禅会」があった。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月24日(土)22時39分

一昨日の、
関西地区に住んでいる方からの「苦言」について、
この欄の書き込みにいくつかの、
温かい「ご意見」や「励まし」をいただき、
とても嬉しく、
感激してもいたのだが、
私自身はかなりこたえていたのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月23日(金)24時33分

夕べほとんど眠れなかったので、
朝起きたら、
またまた体調がすぐれなかった。
それでもグズグズしているわけにもいかないので、
朝イチバンで整体治療院へ行き、
あれこれ施術をしてもらった。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月22日(木)26時08分

関西圏に住んでいる方から、
「club willbe」のイベントの大半が、
東京周辺なのは不平等で、
これでは入会している意味がないのではないかという、
意見(苦言)を頂戴したことで、
午後、緊急スタッフ会議を開いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月21日(水)24時53分

今朝は、
生島ヒロシさんのラジオ番組「おはよう一直線」に、
スタジオ生出演した。
ここ半年ぐらいは電話での出演だったのだが、
今日はスタジオに行くので、
朝4時50分に家を出た。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月20日(火)24時45分

私の体調も、
このところの不順な天候と同じで、
良くなったかと思うと、
また芳しくなくなるという繰り返しで、
今日は、
どうしても行かなければならない、
夕方のスケジュールまで、
家で静養していた。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月19日(月)25時12分

午前5時少し前、
恐る恐る目覚めたら、
体調は大分元に戻っていたが、
上半身の鈍い痛みは完全には消えていない。
それでも今日は月曜日。
お天気もいいことだし、
いつまでもグタグタはしていられないので、
気を引き締めて外に出た。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月18日(日)23時59分

熱もないし、
咳も出ないし、
頭痛もしないのだが、
首から下の全身が痛い。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月17日(土)27時14分

このところの「まだら睡眠」のせいか、
ついにダウン!

続きを読む

icon_zamma.jpg4月16日(金)25時02分

ついこの間、
とある所で彼の名を聞き、
「そういえば、どうしているのかしら」と思い、
「そう思ったら、先ずは連絡してみよう」を、
モットーとしているので、
早速電話を入れたところ、
「それじゃ、お会いしましょうか」ということになり、
5年ぶりに小飼弾(こがい だん)氏の、
お宅をお訪ねした。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月15日(木)25時37分

今日は朝10時から藤田観光の取締役会があった。
前回は株主総会と同じ日に行われたので、
まだ感覚的には捉え切れていなかったのだが、
今日は議題も理解出来て、
なかなか興味深い体験だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月14日(水)24時23分

「よく眠った」という思いとともに、
目を醒ますと、
まだ午前2時とか3時という日が続いている。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月13日(火)23時41分

朝、整形外科に行った帰り、
日比谷公園を散策した。
(腰痛は、骨に異状はなく、
「当面安静にしていればいい」とのこと。
ご心配をおかけしてすみません)

続きを読む

icon_zamma.jpg4月12日(月)24時56分

今日は、
目下「club willbe」のHPで募集中の、
「ファミリーマート商品開発PJ」のスタートに際して、
ファミリーマートの幹部の方々とお会いし、
100人を越える商品開発本部のみなさんの前で、
「中高年が期待するコンビニエンスストア」について講演をした。
ワークショツプは来る4月26日に実施されるのだが、
今日が実質的キックオフというわけだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月11日(日)23時54分

今日は有明のパナソニックセンターで、
今年度初めての、
インテル株式会社との共催企画、
「club willbe」パソコン教室が開催された。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月10日(土)25時19分

今日の「どよう楽市」のゲストは、
八代亜紀さんだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月9日(金)24時36分

「どよう楽市」の打ち合わせのあと、
萬田久子さんが「HERS」の表紙撮影をしている、
広尾のスタジオに陣中見舞いに行った。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月8日(木)24時55分

肩の「棘上筋断裂」で、
同じ整形外科に通う者同士、
待合室でお会いするうちに、
仲良しになり、
互いを「肩の友」と呼び合っている、
日経新聞の杉田会長から、
「情報交換昼食会をしませんか」とのお誘いがあり、
日経ビル最上階にあるゲストルームでお昼をいただいた。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月7日(水)25時06分

最近の私の朝のテーマ音楽は、
JULIE WITH THE WILD ONESの、
「渚のシャララ」だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月6日(火)24時51分

ご心配をおかけしている腰痛だが、
徐々に回復はしているものの、
未だ腰に鉄の板が張り付いている感じがあって、
思い切った動きは出来ない。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月5日(月)24時37分

用事があって、
霞が関(役所)に行った。

政権交代後、
これまでの審議会や委員会、
懇談会などの大半が終息したので、
会議がめっきり減り、
最近は行く機会も少なくなっていたのだが、
しばらくぶりに足を踏み入れてみたら、
何となく雰囲気が違う。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月4日(日)24時54分

今日は、
久しぶりにネイルとカラーリングに行った。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月3日(土)24時27分

今日は「どよう楽市」の、
新年度スタートの日だった。

パートナーが宮本愛子さんに代わったというのが、
一番大きな変更事項で、
あとはいくつかのコーナータイトルが変わり、
リスナーの「参加頻度」(メールや手紙を読んだり、
電話で話をするなど)が今までより高まった、
という程度の変更だったのだが、
これが実際にやってみると結構大変だったのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月2日(金)24時08分

朝、起きたら、
依然として腰の激痛は残っていた。

このまま「腰痛女」になるのもやり切れないと思い、
一縷の望みを託して、
旧知の寺門琢己さんの治療院に駆け込んだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg4月1日(木)25時05分

腰痛は相変わらずだが、
「不意の痛み」は自分が、
「生身」だったことを再認識させられ、
それはそれで興味深い体験ではある。

さて、
今日は4月1日、
新年度のスタートだ。
要の時は、何か言っておかなければと思い、
スタッフを集めて、
新年度を迎えるに際して、
この先どう仕事を進めて欲しいかについて話をした。

お蔭さまで、
「club willbe」はその後も順調に推移はしている。
「順調」ではあるが「課題」がないわけではない。

一見大きな問題がないように思えるこういう時こそ、
細部をよく点検して、
「不具合の兆し」を感知していなければならない、
と思うのである。

私はこう見えて、
臆病なところがあって、
うまく行っている時の方が、
うまく行っていない時よりずっと不安で、
無理にでもホツレを探し出したくなるのである。
浅学非才の私が何とか仕事を続けて来られたのも、
「臆病」に端を発した「杞憂」
つまり「取り越し苦労」があったから、
という気がしてならない。

ある日起きたら、
willbeメンバー全員がいなくなっていたらどうしよう。
協賛をしてくれている企業が全部撤退したらどうしよう。
スタッフが私に愛想を尽かして、
全員辞めていったらどうしよう.........等々、
いつも「最低・最悪」を視座の主軸に置きながら、
ドキドキしながら仕事をしているのである。

「ドキドキ」は、
時に私を謙虚にもしてくれるし、
思いもよらない人のやさしさに気づかせてくれることもあるしで、
今や私にとっては大事な「気つけ薬」でもあるのだが、
ここで注意をしいなければならないのが、
「ドキドキ」が「クヨクヨ」になってはいけないということだ。
「クヨクヨ」は「取り越し苦労」を、
本物の苦労に導いてしまうことが多いのである。

今朝も、
メンバーの方の中に「club willbe」を,
ある宗教団体の隠れた広告塔だと誤解している人がいるので、
「もっときちんと説明したらそうですか」と、
親切なご忠告をしてくれた人がいたのだが、
まったくの事実無根なのであるから、
一笑に付していればいいかもしれないのだが、
「取り越し苦労派」の私としては、
放ってはおけないのである。

そう思っている人が誰なのかが判ったら、
出来るだけ速やかに直接話をして、
誤解を解きたいと思うのである。
さらには、
スタートから時間が経って、
少し落ち着いたことで、
私たち事務局サイドも気が緩んではいないかを、
総点検しなければならないと思うのである。

このところwillbeイベントの折りや、
HPを見てメールや手紙で、
ご意見や感想を寄せてくださる方が増えているのだが、
それらの大半が好意的ということに甘えてはいないか。
苦言や反論が届かない耳になってやしないか。

最初の頃は、
この手のクラブを理解して貰うには時間がかかるだろうから、
浸透するまでの間、
「あらぬ誤解」をする人もいるのではないかということで、
「政治と宗教には距離を置いている」ということを、
明示しようということにしていたのだが、
好意的な人たちに囲まれている間に、
「ここまで来たらもう大丈夫。みんな解ってくれているわ」と、
思いこんでやしないだろうか.........。
いいと言われたところだけを見て、
不安を感じるところや期待が外れているところ、
思ったよりうまくいっていないところを、
直視しないようにしてはいないか.........。

平時の今だからこそ、
ここを徹底検証し、
もしホツレが見えたら、
即補修に取り掛からなければならないと思うのである。

これはよく考えてみれば、
スタッフにハッパをかけることではなく、
実は私自身の問題なのである。

私は想念(思い)の中で「取り越し苦労」はするのだが、
「うまくいっていない現実」を直視するのは、
苦手なのである。
バッドニュースは一刻も早く知りたいくせに、
自分でバッドニュースを探し当てるのは弱いのである。
出来ればワンクッション置いて、
「伝聞」で聞きたいと思うのである。

しかし、還暦を過ぎた今、
そんな脆弱なことではいけないと、
自らを奮い立たせて、
willbeの「現実」を直視してみ
ることにした。

全部は書けないので、
思いつくままいくつかを列挙してみると.........。

気になる「現実」その1。
会社を辞めて自由時間が増えた男たちの間で、
写真愛好家が増えている昨今、
少しでも「技」を磨いて欲しいと思い、
私たちの世代の憧れの写真家・立木義浩氏にお願いして、
「監修」と「指導」(アドバイス)をしていただいているのだが、
(willbeウェブ企画 「巨匠・立木義浩が選ぶ1枚」
思ったより投稿数が多くないのが気になっている。
(「見ていて楽しい」とか「心が休まります」といった、
撮らない人からのご意見は多数寄せられているのだが)

これは、
立木氏の存在が大き過ぎてハードルが高いせいなのだろうか。
それとも掲載の仕方が悪いのだろうか。
展示・展覧だけでなく、
立木先生を囲んでの「撮影会」など、
もっと立体的なイベントのほうがいいのだろうか。

気になる「現実」その2。
つい先頃、某新聞社から(と、わざわざ書いているのは、
お察しの通り、ご協賛下さっている読売新聞ではない、
ということなのだが.........)
「噂によれば、情報に聡く、地頭のいい人が揃っていという、
willbeのメンバーの方々に『親の婚活見合い』についての、
ご意見を是非伺いたい」との要望にも、
(willbeウェブ企画 Talk session 「私はこう思う」
思ったよりリアクションがないのはどうしたことだろう。

寄せられているご意見は、
いずれも論理的で文章力のあるコメントが多く、
そこは凄いと思うのだが、
もう少し多くの意見が集まってくれてもいいのになぁと、
淋しい気持ちがするのである。
(「くだらない!」でもいいし、
「私もやりたいけど、どうすれればいいの?」でもいいのだが)

これは、
テーマ自体に関心がないのだろうか。
メールやブログへの書き込みはともかく、
総じて「自分の意見」を外に出すのが苦手なのだろうか。
それとも私たち事務局の熱意が足りないのだろうか。

目下「club willbe自立策」の一環として、
ある企業と「willbeメンバーと一緒に商品開発をしたい」という、
話を進めている最中なのだが、
開発メンバーを募集してもリアクションはあるのだろうか、
と、ちょっと不安になってくる。
(「私たちの欲しいモノを(コトも)私たちの手で創ろう」という、
willbeの元々のコンセプトとも重なるし、
「大人たちの埋もれている才能を発掘したい」という、
プロデューサーとしての私の思いとも重なるので、
是非とも成功させたいのである)

.........というわけで、
憂いは尽きないのだが、
ここまで来られたのだから、
もっともっと「やれるわよ!」とも思っていて、
諦めてはいないのである。

長いこと、
私の「取り越し苦労物語」に、
(「取り越し苦労」だといいんだけど.........)
つき合って下さってありがとうございました。

杞憂を取り去る「秘策」があったら教えて下さいね。
「投稿写真」「婚活談義」もお待ちしています!

icon_zamma.jpg3月31日(水)24時33分

丸2日間、
パソコンを見ることが出来ず、
じっくり読んだのは帰宅してからになりました。
数々のご親切な書き込みをありがとうございました。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。