11/4(日)TOKYO散歩。

icon_zamma.jpg11月4日(日)22時38分
第1550回


本日開催された、
「三屋裕子さんと楽しむウォーキング」
〜東京の「ど真ん中」を歩こう〜は、

好天に恵まれ、
88名の参加者を得て、
笑顔いっぱいの雰囲気で、
終了しました。
(一番遠くから来てくださったのは、
徳島から夜行バスでいらした方で、
今夜再び夜行バスでお帰りになりました)

モデルルートは、
四ツ谷4丁目の大木戸近くの、
笹寺をスタートして、
半蔵門〜桜田門〜祝田橋〜日比谷、
〜丸の内中通り〜行幸通り〜東京駅丸の内駅舎、
〜和田倉門〜大手門〜皇居東御苑〜北詰橋門、
〜日本武道館〜田安門~靖国神社~外堀公園~四ツ谷、
〜笹寺までの約12キロだったのですが、
willbeウォーキングのモットーは、
「如何に自分らしい寄り道をするか」なので、
二重橋に行った人、
新丸ビル付近で開催されていた、
「全国うまいもの市」で食べ歩きをした人、
復原された丸の内駅舎を隅から隅まで見て回った人、
東御苑で大奥や天守閣跡をゆっくり見た人等、
いつになく制限時間(15時半)ギリギリの方が多く、
最後はタクシーで戻られた方も、
かなりいたようでした。

さて、さて、
明日は「やじうまテレビ」の日。
午前2時半には迎えが来るので、
今日もこれにて失礼します。

カテゴリ:

コメント(3)

「朋あり、遠方より来る、また楽しからずや」
遠く徳島からいらしたメンバーの方を含む
88名という何ともおめでたい数の人たちが集いましたね。
仙台ウォーキングでお世話になった方々と笑顔で再会し
その下を気持ちよく歩いた、あのみちのくの空を想い出し
そういえば会場の笹寺も道の奥にあり
四谷三丁目の空もあの時の空と同じくらいに
気持ちよく晴れ渡っていたなぁ、と思いつつ
寝ぼけ眼で(家に帰り、玄関で待っていた猫にゴハンあげて
キッチンに置きっぱなしの食器を洗ったら
倒れるように眠ってしまいました)
今、抽選会でいただいた真っ赤なトマトに塩をつけて
丸かじりしています。
酔い覚めの水は甘露の味といいますが
それを遥かに超えて、リコピンちゃんが体中に沁み渡り
疲れたポニョを優しく癒してくれます。
「トマトがぶり、朝日工業より来る、またおいしからずや」笑

残間サンは懇親会の後、参加者を見送られて
ブログを書き、家事を済ませて
翌朝は2時前に起きるんですね。
そう思うと、介護がどうのといっても
自分はなんてお気楽なんだろうと思います。
思いつつも、さらに
かぼちゃのマフィン(これも今日のプレゼント)を食べている午前1時のポニョ笑
おとな塾で三屋サンに健康に大切なのは
腹八分目と22~2時の熟睡
と習い、力強くうなづきながらメモを取ったばかりなのに笑

その三屋裕子サンとご一緒させていただきながらの
東京ど真ん中ウォーキング、ホントに楽しかったです。
今回、ぼくは「作戦」を立てていたのです。
12キロの行程を完全踏破しよう!!
そのためには先頭に立ってみんなをリードする
「チーム健康寺子屋」のみなさんにピッタリついていくことだ!!
しかし、カバンの整理をしたりトイレにいったり靴紐を結び直したりしている内に
(ぼくは肝心な時にモタモタしているので)最後尾になってしまいました笑
先頭集団目指して必死で歩くのですが、途中で仲間を見つけるとうれしくなって
「ねぇねぇ、ミルキー食べない?」
などといってしまい、話に花が咲き過ぎ
「わっ、オレ今日は忙しいんだよ、またねー」
などということを繰り返すので、なかなか進むことができません笑
東京駅近くになって、ようやく三屋サンの背中をとらえ
以後は「チーム健康寺子屋」の精鋭部隊のみなさんの後ろを
ヨタヨタ歩いていきました。
けれど、オリンピック・メダリストについていくのは
かなり大変でした。
離れたら、100%迷子になってしまうと確信していたので笑
必死に歩を運ぶのですが、哀しいかな
三屋サンとポニョでは脚の長さが違い過ぎる(涙)
三屋サンが1歩いくとポニョは2.57歩進まなくちゃいけない笑
信号が変わりそうな時、三屋サンが、さぁ、急いでください
といって駆け足になった時
(カッコいいなぁ~。このまま回転レシーブしてくれないかなぁ。。。)
と思っていたら、クルマにひかれそうになりました笑
東京駅から丸の内地区、皇居東御苑内、和田倉噴水公園、富士見櫓、
大手門、百人番所、松の大廊下跡、天守閣跡。。。
健康寺子屋のみなさんのお蔭で「完全踏破」達成できました。
一緒に歩いたwillbeメンバーの方と
「ぼくたちだけだったら、せいぜい東京駅までだったねー」
と喜び合いました。
途中、天守閣跡近くの芝生の広場で三屋サンが
「ここでストレッチをしましょう」
といって、指導してくださいました。
信号待ちの時も、足首を回したりしているんですね。
勉強になりました。
終盤、法政大学近くの土手を四ツ谷駅に向かう時
まるで山の中の小道をいくような場所があって驚きました。
楽しかったなぁ。
今日は、東京に住んでいながら、初めていく場所ばかりで
「東京再発見」の1日でした。

「『完全踏破』祝いにパンプキン・ソフトクリームで乾杯しましょう♪」
と三屋サンがゴールの笹寺近くのお店で
みんなにご馳走してくださいました。
おいしかったなぁ。ありがとうございました。
1つ余ったのをくださったので、それもおいしくいただいて笑

懇親会も最高に盛り上がりましたねー。
呑み放題。おいしい料理が山盛り。
三屋サンが「呑んでますかぁ~」から始まる「体育会系乾杯」を披露してくださって
そこここで何度も、グラスをカチンと鳴らすシアワセな音が響きました。
徳島からいらした方のお話から、ドンドン話が発展して
三屋サン、残間サン、ナカヤマさん、朝日工業の社長サンも加わり
阿波踊り大会が始まり
ついには「willbe阿波踊り連」(というのでしたか)結成
ということになったようです笑
ポニョはお豆腐とビールの摂取に忙しかったので
よくわかないけれど一緒に「阿波踊りかんぱ~い♪」といいました笑

「やじうまテレビ」、がんばってくださいね。


本日は東京ウォーキングに参加させていただき

ありがとうございました!

好天に恵まれて

東京のどまん中をぶらぶらと

満喫させていただきました

終了後のお楽しみ抽選会も

スリリングでとっても楽しかったです♪

おみやげを沢山頂きましてありがとうございました!

朝日工業の社長さんには感謝です

懇親会もとっても楽しく

あっという間2時間30分でした

私はおおいに盛り上がり

三次会にみなさん繰り出すのかと思いましたが

今日は日曜日

明日のことを考えてみなさん散会とあいなりました…

私は今日の楽しかった時を忘れられずに

一人で新宿にへと向かいました

オールディーズのケントスで一人盛り上がり

それでも足りずに地元の店二件でさらに盛り上がり

今になってしまいました(汗)

今日はみなさん本当にアリがというございました

本当にウィルビーって最高だと再確認いたしました♪

明日のリエコ様のテレビでのお姿がたのしみです♪

スタッフのみなさまにも本当にお世話になりました

会員の皆さまにもお礼申し上げます

ありがとうございました!

昨日は、これ以上ないようなピカピカの晴天の下
東京の「ど真ん中」を
テクテク、ノロノロ、楽しく愉快に歩きました。

30年以上、東京人でいたのに
いかに何も知らない、どこも知らない自分であったかを
思い知る1日でした。
新発見の連続で
心も体も溢れるほどの刺激をいただきました。
年末に向けて元気もりもり
しっかり充電完了です。

改めて、東京って広くて美しくて
平和な街であることを知り、心温まる思いです。
皇居は二重橋の辺りまでは何回も訪れましたが
中を歩いたのは初めてで感動しました。
この穏やかな平和が続いて欲しいですね。

懇親会もいつもながら和気あいあい
飲んで食べて騒いで、ずーと前からの
仲間同士のように囲いも敷居もなくて
最高の時間を共有させていただきました。

残間さん、三屋さんはじめ関係者の皆様には
本当にお世話になりました。
当日までのご苦労はどんなに大変だったことでしょう。
お疲れさまでした。
そして、有難うございました。

3週間ほど沈思黙考(?)の日々を
過ごしていた訳ではないのですが、
毎日、残間さんのブログに一喜一憂し
ポニョさんのユーモアと博学多識に満ち満ちた
コメントを満喫させていただいていました。
私自身は生来の怠け心に支配され
ぬるま湯の中にどっぷりと浸かっていました。
そろそろ、心と体のあちこちがふやけてきました。
老化が勢いを増して、容赦なく襲ってきます。
心のメタボが進行中です。
この辺でムチを入れないと
取り返しのつかないことに!
昨日のウオーキングを機に一念発起
また性懲りも無く駄文を書かせて
いただくことにしました。
よろしくお願いいたします。

コメントを投稿する

      

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。