11/9(金)「お国言葉」の効用。

icon_zamma.jpg11月9日(金)28時18分
第1555回


仙台から従姉妹が、
30年来の親友、
ヨネちゃんと一緒に上京した。

「ヨネちゃんは、
りィ〜子ちゃん(私のこと)と、
会いだいって言うんださ。
すごぐ(「く」でなく)いい人なんだぁ〜。
(いったん上がり、最後は下がるイントネーション)
わだしよりもズーズー弁はひどいげど、
今も一緒にはだらいでいで、
どごにいぐのも一緒なんだぁ〜。
明後日の叔父さんの、
13回忌まではいられねぇんだげども、
うずの(うちの)お兄さんがら、
こどづがっているものもあるすィ〜」

電話で久しぶりの、
純正・仙台弁を聴いたのは、
3週間前のことだった。
あったかい響きだった。

今の若い人たちは、
テレビの影響もあって、
ほとんど標準語になっているが、
(イントネーションは、若干違うこともあるが)
私の小さい頃は、
「ズーズー弁」が主流だった。

我が家は、
父が生粋の仙台人、
母は生まれは大阪だったが、
幼少期から仙台育ちなので、
「純正・仙台弁」に近い言語体系だ。

テレビが家にやって来たのは、
我が家の経済状況からして遅めだった。
(小学校5年までは、
大晦日の「紅白歌合戦」を、
寒風吹き荒ぶ中を40分ほど歩いて、
叔母の家に行って観せて貰っていたから、
テレビが来たのは、
小学校6年と記憶している)

画面から流れてくる標準語を聞いた時、
既に私の言語体系は、
ほゞ形成されたあとだったから、
後にアナウンサーを志した時、
訛りやアクセントの矯正では、
かなり苦労した。
(「橋」と「箸」のアクセントの違い、
「欠けている」と「駆けていく」の差など)

2人は、
9時24分に東京駅到着(のハズだった)が、
なかなか我が家に来ないのだった。
私は、朝早くから会議があり、
母に朝食を食べさせたあとは、
ナカヤマがアテンドしてくれていたのだが、
11時にシズカさんとシフト交代をしても、
2人はまだ現われないのだった。

会議終了後、
このところ忙しくて、
月に一度の「手指ブロック注射」が、
打てずにいたため、
一昨日あたりから、
右手2本と左手3本が激痛のあまり、
動かなくなっていたので、
急ぎ注射を打ちに、
整形外科(手指科)に駆け込んだ。
左右合計8本の指に注射を打って、
家に着いたら、
午後1時を過ぎていたのだが、
2人は未到着だった。

従姉妹には、
事前に郵送で、
注意書きが沢山記された、
私製の地図を送っておいたのだが、
判らなかったのかもしれない。

13時半すぎ。
「こんにぢわ〜」
1階エントランスの、
オートロックの呼び出し音もないまま、
突然私の部屋の、
ドアフォンが鳴ったので、
扉を開けると、
そこには大荷物を抱えた、
従姉妹+ヨネちゃんが立っていたのである。
フロントの人が、
玄関前でウロウロしていた2人を、
部屋の前まで連れて来てくれたのだという。

「このひど、いっつも一緒のヨネちゃん」と、
従姉妹のトシコちゃん。
「ヨネ子ですぅ〜。
このたびは、
ごめいわぐかげですみません。
トシちゃんが、
一緒にいぐべぇっていうがら、
ついできてすィまったげど、
いそがすィひどなのに、
じぶんだちの予定ば優先させで、
わるがったねぇ。
あっ、わだすのよびがだは、
よねちゃんでいいがらねェ〜。
わだすは、残間さんよりふだづ(二つ)うえの、
昭和23年生まれだァ〜」
ヨネちゃんもあったかくて、
とてもいい人みたいだ。

「わだすぃだぢ(私たち)
ふだりで(2人で)いつぃにんまえ(一人前)なんだよ。
新幹線?うん、じがんどおりついだよ。
まるのうじぐぢ(丸の内口)にいっで、
ふぐげんされだ(復原された)
まるのうじのえぎをみで、
そのあど丸ビルで、
おいすぃ〜(美味しい)天ぷら蕎麦、
たべできたんだぁ〜」と、
トシコちゃんが言うと、
「んだげど、なんでだが、
えぎのドームっていうのを、
観るのわすれですぃまったんだよね。
あれ観るの、たのすィみだっだのに、
何で、わずれだのかねぇ〜」と、
ヨネちゃんは急に真面目な顔になって、
「なんでだべぇ。おがすぃねぇ〜」と、
漫才コンビのように、
楽しい2人なのだった。

「まぁ、いいから、いいからァ〜。
お茶飲んでくださいョ〜」
いつしか、私まで、
仙台イントネーションに、
「昔返り」しているのだった。

母と少し話をして、
2人はスカイツリーに行ったので、
私はその間会社で、
ジュディ・オングさんの、
ニューアルバムのことで訪れた、
レコード会社の人と打ち合わせをして、
夕食の支度のために、
家に戻ったのだが、
またまた2人は帰って来ないのだった。

「いゃぁ〜、
みぢにまよっで(道に迷って)すィまって〜」と、
トシコちゃんが言いながら、
帰って来たのは18時近くだ。

「だげど、東京のひどは、
すぃんせつ(親切)だねぇ〜。
みんな一生懸命になって、
みぢをおしえでくれるんだねぇ〜。
だげど、わだすだぢ、
すぐわがんねぐなって(判らなくなって)
またきぐど、今度はまだ、
つぃがったごと(違ったこと)を、
言うんだよねぇ〜。
銀座線だ、半蔵門線だって、
言われる度に、
そごさいぐんだげど、
よげいわがんねぐなっで......。
まだせですまって(待たせてしまって)
わるがったなぁ」と、ヨネちゃんが言い、
「いいんだぁ〜よォ〜」と、
私も答えたのだった。

ここ数日、
何となく塞ぎ込んで、
堅くなっていた私の気持ちは、
2人のお蔭で、
すっかり柔らかくなって、
気がつくと、
笑い転げているのだった。

カテゴリ:

コメント(6)

よがずだ~

よがっだぁ~

よがづだねぇ~だべ?

心温まる光景が目に浮かびます♪

利害関係の全くない人とのふれあいは

「ほっ」とすることがありますね

何度 読み返しても 笑いが 込み上げてきますぅ~

あったかいですぅ。

私も、久しぶりに 優しい気持ちになれてますぅ。

トシ子さぁん~ ヨネ子さぁ~ん

東京 楽しんで 帰られてくださぁ~い♪♪

故郷の無いぼくには、とても羨ましいお話です。
両親とも立川近辺の出身なので、友だちのように長期の休みに
遠くのおばあちゃんのうちにいく、という楽しみもなかったし。
たまに遠い親戚にあたる人のところ(会津市)にスキーにいくと
ごはんの時など周りの人がみんな、ニコニコしながら
フランス語で話かけてくれて笑
チビポニョも意味がわからぬままマネをして笑われたものでした。
ぼくは最近、こどもの頃に聴いた「みんなのうた」やアニメソングなどを聴くと
一緒に遊んだ友だちを想い出したりして、じ~んとしてしまうことがあります。
残間サンにとって仙台弁は「子守唄」や「童謡」に近いのかもしれませんね。
東北の女性が土地の言葉を話す時は唄うようで
特にこの季節には、(いいな)と思います。
ポニョがまた何かドジを踏んだら、残間サンとナカヤマさんに、ぜひ、
「いいんだぁ~よォ~」とハモってゆるしていただきたいです笑

最近、「指」のことに触れられていなかったので
大丈夫なのかな、と思っていたのですが
書かれなかっただけなんですね。。。

残間サンが笑い転げることの多い日々でありますように。

残間様
「ヨネちゃん」会いだいって...そのイントネ-ション♪
良く分かります。
それにしても凄いですね~!
時間が掛かっても無事「りイ~子ちゃん」に会えだんですものね。
残間様お時間が有ったら駅まで出迎えたかった事でしょう。

実家の母を思い出しました、
普段は比較的標準語なのですが、時々来る幼友達との仙台弁での会話は!?
二人の話は子供の私にはとても難しい外国語のように思えました、
「ふるさとの訛なつかし停車場の...」母は良く口ずさんでいました。
実家は駅の近くでしたので、
駅長さんが観光客の中にズ-ズ-弁のお方がいらした時は、
お連れ下さり待ち時間の間我が家で「お茶とお菓子」の事も時々ありました。
そんなのんびりした時代も懐かしいです。

昨日インフルエンザ予防接種を受けながら、
残間様の指の注射の事を思い出し..痛いのだろうなぁ~と。
お大事に為さって下さい。
「ナナカマド」の赤が夕映えに美しい気温10℃の夕方です。

娘も東京暮らしがこちら(本州の北)で暮らしていた時より長くなったのですが、会えば途端にこちらの言葉。
東京のど真ん中でも。
たま~に来るショートメールもこちらの言葉。
息子は娘ほどではないけど、こちら弁^^。
何か嬉しいものです。

へば、今夜ははやぐ寝るして、おやすみ~^^。
(訳:じゃ、今夜は早く寝るので、おやすみ~^^。)

残間さんの手の指がそろそろ
有り難くない存在感を発揮し始める頃ではと
気になっていましたが
やっぱり忘れずに襲ってくるのですね。
ずーと共存するしか方法はないのでしょうか。
さらりと述べていられますが
大きな試練ですね。

方言はふるさとの匂いがします。
美味しそうな匂いに鼻がピクピク反応するように
ふるさとの訛りが聞こえてくると
耳がピンとなり、心にパッと灯がともります。
異郷(?)で聞くとなおさらで
自然と足がそちらに向かい
「どこ出身?」「〇〇よ」
ワー、キャー、と見ず知らずの方との距離が
一挙に縮まるのです。
そこに、ふるさとの風が吹いて
身体中が熱くなりますね。

ズーズー弁でヨネちゃんトシコちゃんと
話される残間さん
なぜかほっとします。
急ぎ足の時間が止まる瞬間ですね。
安らぎのひとときを過ごされたことでしょう。
いっぱいのエネルギーをいただいて
年末に向けてお元気にダッシュして下さい。

コメントを投稿する

      

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。