バックナンバ- 2013年7月

icon_zamma.jpg7月31日(水)28時05分
第1819回


お陰さまで、
咳は出なくはなりましたが、
まだ自分の体調に自信が持てず、
いつまた再発するか、
おっかなびっくり過ごしています。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月30日(火)27時29分
第1818回


出来る限り、
「初日」を観ようと決めている、
「アミューズ・ミュージカル・シアター」第4弾、
「兄弟は勇敢だった?!」の、
初日公演に行った。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月29日(月)31時35分
第1817回


今日病院へ行ったら、
「大分良くなってきていますから、
ここでステロイドはやめてみましょう。
この先は、
赤ちゃんでも大丈夫という、
微量のステロイドが入っている、
吸入器だけにして様子をみましょう。
とにかくくれぐれも、
風邪はひかないように注意してください。
ここで風邪をひくと、
また元に戻る可能性が高いですから」
と、いうことで、
ステロイド剤はなくなった。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月28日(㈰)23時15分
第1816回


数週間ぶりに、
午前5時過ぎまで、
眠りました。
約4時間、
途中2、3回しか起きず、
(幸い母に何事もなく)
眠ってしまいました。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月27日(土)29時33分
第1815回


willbe合唱団、
鮫島有美子さんによる、
特別レッスンは、
とても素敵なひとときでした。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月26日(金)28時54分
第1814回


高崎での講演のあと、
主催者の厚意で、
会場のロビーで、
club willbeの、
メンバー懇親会を開かせていただいた。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月17日(金)28時24分
第1813回


昨日、
猪瀬ゆり子さんの、
葬儀・告別式が執り行われた。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月24日(水)27時09分
第1812回


今日の「Kotobaクォータリーサロン」での、
「白ひげ先生」(私の勝手な命名)こと、
鎌田實さんのご講義は、
思っていた通り、
素晴らしい内容でした。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月23日(火)27時39分
第1811回


Akikoさんのおっしゃる通り、
ステロイドは、
夢の薬であると同時に、
悪夢との出会いでもあるようですね。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月22日(月)27時18分
第1810回


母の足の怪我は、
大分良くなってきたが、
それでもデイサービスには、
軟膏、非固着性テープ、ガーゼ、紙テープ、
足指サックの入った「治療セット」を、
持たせなければならない。
(私は、こういうセット作りが好きなのです)

続きを読む

icon_zamma.jpg7月21日(㈰)23時51分
第1809回


母と選挙に行った。

 

続きを読む

icon_zamma.jpg7月20日(土)28時41分
第1808回

昨日の新旧3人のコメントを拝読して、
心底嬉しく思いました。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月19日(金)28時32分
第1807回


20年近く前、
私がある番組に出演していた時、
独身の若き制作スタッフだった女性が、
このたび異動になり、
同時に、
管理職にも就いたというので、
お祝いランチにお誘いした。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月18日(木)27時49分
第1806回


koroさん、
今の私の心に、
ストレートに響くコメントを、
ありがとうございました。
他のみなさまも、
あたたかいコメント、
ありがとうございました。
......泣いてしまいました。
( 近頃どんどん、
涙もろくなっています......)

続きを読む

icon_zamma.jpg7月17日(水)28時06分
第1805回


熊本の講演会は、
「熊日女性文化の会」という、
女性たちだけの会で、
打ち解けた、
いい雰囲気の集まりでした。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月16日(火)24時38分
第1804回


毎週月曜日は、
喘息の専門医に通院しているのだが、
昨日が祝日だったので、
今日に変更して、
病院へ行った。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月15日(月)28時04分
第1803回


体調を気遣いながらではあったが、
3連休は観劇三昧だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月14日(日)28時08分
第1802回


日々、
体調が良くなりつつあるのは、
嬉しいことなのですが、
「悪夢の60日間」の、
印象が強すぎて、
またぶり返すのではないかという、
恐れから、
思い切った行動に出られない、
「退き気味」の自分がいて、
「芯から元気」は、
まだ少し先になりそうです。

続きを読む

icon_zamma.jpg)7月13日(土)28時41分
第1801回

今日は、
willbe合唱団のレッスン日。

吸入剤の副作用による、
「声枯れ」はまだ治らないのだが、
(今も、1日3回の吸入剤投与は続けているので)
それでも60余日苦しんだ咳は、
ほゞ止まったので、
久しぶりにウキウキしながら、
レッンスタジオに向かった。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月12日(金)23時39分
第1800回


今日は、
朝から仙台に行っていた。

来る12月17日に、
仙台ワシントンホテルが、
開業するので、
藤田観光の瀬川社長をはじめとして、
「寅トラ」コンビの、
八丁地常務執行役員ら、
総勢12名で、
「先行ルームの視察会」に、
出かけたのである。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月11日(木)23時34分
第1799回


朝一番で、
病院を予約し、
母は11時すぎに、
診察を受けることが出来ました。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月10日(水)26時11分
第1798回


友人の快気祝いをして、
21時過ぎに帰宅した。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月9日(火)25時32分
第1797回


先ほど地震がありましたね。
震源地は相模湾。
今日は山梨県甲州市では39度を超え、
30度以上の地域が620箇所もあったとか。
地球の「怒り」は、
想像以上に大きいみたいです。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月8日(月)28時58分
第1796回

アレルギー検査の結果が出た。
ハウスダスト0.21、猫皮屑0.20、犬皮屑0.13、
スギ0.00、ブタクサ0.00、ヒノキ0.05、
ソバ0.00、大豆0.12、米0.07、エビ0.00、
カニ0.08、卵白0.00、ミルク0.00、
チェダーチーズ0.00......で、
一番多いのが牛肉の0.33だった。
花粉症の人などは、
何百という数値が出るというから、
私は一応、
「異状なし」ということだ。

「他の検査方法もありますから、
これだけで断定は出来ないのですが、
あなたの咳はアレルギーとは、
関係がないようですね」と、言いながら、
検査結果のシートを手渡されたのだが、
ゼロが沢山並んだ検査結果は、
咳女になってからというもの、
健康に自信を失っている私を、
久しぶりにポジティブな、
気持ちにさせてくれた。

私の場合は、
数値の高低が大きくはないのだが、
それでも、
「私は猫より犬の方が合っているのね」とか、
「カニよりエビの方が相性がいいのか」など、
何がより自分に合うのかを考えるのは、
「男の品定め」(「雨夜の品定め」みたいな)
ともめっきり縁がなくなった今、
(来てくれる人がいたら誰でも嬉しい)
結構楽しいデータなのである。

......さて、
今日は、
福岡に縁がある人を中心にした、
「福友会」という会が、
椿山荘で開かれた。

蛍観賞も兼ねて、
ということだったのだが、
夕方急に激しい雨が降ってきたため、
足元が悪く、
散会後、庭に出た人は少なかったが、
お料理・サービスとも素晴らしく、
社外取締役をしている私は、
誇らしい気持ちだった。

参加者の半分ぐらいは、
かつて福岡の支社や支店に赴任した、
経験がある人たちで、
福岡は「出世」の登竜門なのか、
新聞社の社長になった人もいれば、
放送局幹部になった人、
大企業の社長になった人など、
エグゼクティブも多かった。

今や、
エラくなった彼らにとっても、
福岡で過ごした日々は楽しかったらしく、
当時の思い出を語る表情は、
青春時代をふり返っている時の、
甘やかな輝きに満ちていた。

この一団を、
まとめているのは、
RKB毎日放送のノウトミマサコさんで、
「こうしてみんなで集まることが出来るのは、
ハリケーン・ノウトミのお蔭です。
彼女に出会ったら最後、
みんな巻き込まれ、粉々にされます」と、
参加者からは、
口々に「賛辞」が寄せられた。

私は、
十数年前に、
小倉で開催されたシンポジウムで、
司会をしていた彼女に会い、
帰途博多までの電車が一緒だったことから、
以来親しい友人になっているのだが、
(たった十数分で巻き込まれてしまった)
人と人を繋ぐことだけを
無上の喜びにしている、
清廉な彼女をみるたびに、
自分の「立ち位置」を再確認している。

久しぶりにスーパーパワーの、
台風娘(姐さん)に会って、
私の咳も力を失い、
消滅してくれるといいのだが......。

icon_zamma.jpg7月7日(日)23時26分
第1795回


今日は七夕。
住んでいるマンションの1階ロビーにも、
先週初めから、
小さな笹竹が立て掛けられ、
願い事が書かれた短冊が、
何枚も下がっている。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月6日(土)28時48分
第1794回


関東甲信地方は、
午前中「梅雨明けしたとみられる」と、発表された。
(この「曖昧表現」には違和感がありますねぇ。
少しぐらい外れたって自然相手なのだから、
「仕方がない」と腹を括って、
自信を持って「梅雨明け宣言」をすればいいのに......)

続きを読む

icon_zamma.jpg7月5日(金)23時49分
第1793回


昨日言われたことに影響されて、
「私は上半身と下半身の、
バランスが悪いのだろう」と、
勝手に解釈して、
今日は心して歩きました。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月4日(木)23時31分
第1792回


今日初めてお会いした方に、
「約2ヶ月、咳が続いているんですよ」と、
言ったところ、
「それは凄い!そんなに長いこと、
咳が出せるだけの体力があるなんて、
素晴らしいじゃないですか」と、
誉められて(?)
驚いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月3日(水)24時51分
第1791回


朝の生島番組のあと、
文化放送で「大人ファンクラブ」の、
収録を3本終えたら、
悪い予感が当たって、
何十回目かの「炸裂咳地獄」になった。
タクシーの中で、
少し落ち着きはしたのだが、
今度は頭痛と吐き気がしてきた。

続きを読む

icon_zamma.jpg7月2日(火)24時19分
第1790回


ご心配をおかけしてすみません。
副作用は大分軽減化されましたが、
(打ち合わせ中に、
2度ほどフラフラッと来ましたが)
咳は完治には遠く、
今日は「話4に対して咳6」の、
割合での会話でした。


続きを読む

icon_zamma.jpg7月1日(月)23時07分
第1789回


人生、
なかなか思ったようには、
いかないもので、
今日7月1日からは、
しっかり仕事をしようと思っていたのに、
気分は不爽快、
まだ身体も本調子ではない。
(吐き気とフラフラ感が残っています)

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。