バックナンバ- 2013年9月

icon_zamma.jpg9月30日(月)24時09分
第1880回


今日は、
ナカヤマに聞いた、
「気仙沼ツアー」の感動秘話を、
たっぷり書こうと思っていたのですが、
家に着くなり、
母がトイレ周辺で、
壮絶or凄絶なシーンを展開していて、
本人に自覚が無いだけに、
事態は深刻で、
おそらく今夜は一晩中、
母を看ていなければならなくなりました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月29日(日)23時07分
第1879回


22時過ぎ、
ナカヤマが気仙沼から、
帰って来ました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月28日(土)28時12分
第1878回


朝から、
気仙沼のことを
気にしながら過ごしていました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月27日(金)21時00分
第1877回


何と言っていいか.........。
本当に申し訳ないことに、
なってしまいました。
明日の気仙沼ツアーは、
行けなくなってしまいました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月26日(木)28時07分
第1876回


今日は、
元祖・お取り寄せの達人、
福田ふくさんとランチを共にして、
「食」の最前線〜あるいは「問題点」について、
語り合った。(「お取り寄せ」という言葉は、
お福さんが考案したと言われています)

お福さんとは、
生島ヒロシさんの、
番組4000回記念パーティーで、
初めてお会いしたのだが、
顔を合わせた瞬間、
お福さんが、
「いつか会いたいと思っていたんです」と、
言ってくださって、
私も何か響き合うものを感じ、
急に仲良しになったのです。

その頃、
私は咳がひどく、
心身ともに不調だったのを、
初対面だというのに、
お福さんはとても心配してくれて、
「身体にいいものを送ってあげますね」と、
特製の人参ジュースを、
届けてくださったのである。

今日のランチは、
そんなお福さんのやさしさに対する、
お礼の意味も込めてだったのに、
「お福のお福分けです」と、
言いながら、
国産有機栽培の生姜で作った、
生姜シロップと鞆の浦で作られているのど飴を、
持って来てくれたのだった。

「club willbeのためなら、
オリジナルの食べものも創りますよ」と、
嬉しい言葉もいただいたので、
いつの日か(近々)
「コラボレーションをしたいね」と、
約束して別れたのでした。

午後、
CーTBSの番組審議会があり、
TBSに行ったら、
エントランスで偶然生島さんに会ったので、
「さっきまでお福さんと一緒だったのよ」と、
言ったら、
「彼は律義だし真面目だしいい人だよね、
話も面白くて、
僕の番組に出てもらっても、
いつも時間が足りなくなるんだけれど、
自分のことは決して話さないので、
どこの出身なのかとか、
どんな生活をしているのかとか、
個人情報はほとんど知らないんですよね。
不思議な人です」と、
語っていた。
(お福さんは生島さんの番組のセミレギュラーで、
毎週ではありませんが、
火曜日にコーナーを持っているのです)


......ステロイドをやめて1週間、
時々咳が、
カムバックを果たしたがっている、
気配がしないでもないのです。
(毎日戦戦兢兢としているのです)
明後日の気仙沼ツァーを前に、
明日、病院へ行って、
この先の過ごし方を、
相談して来ようと思っています。

季節は変わりつつあるというのに、
体調には今一つ自信がもてないし、
家の内外にも問題が山積しているしで、
美しく色づく季節を、
心底楽しめそうにないのが、
とても哀しいです。

心身ともに、
晴れやかになるのは、
いつ頃になるのでしょう。

icon_zamma.jpg9月25日(水)28時41分
第1875回


人生の中で、
大きな節目を迎えた時に、
訪れている高野山。
和歌山県の北東部にある、
真言宗の霊地だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月24日(火)23時02分
第1874回


明日は、
生島さんのラジオに出たら、
その足で羽田に行き、
関空から和歌山に参ります。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月23日(月)24時03分
第1873回


今日の文化放送の、
「大人ファンクラブ」生放送は、
2011年の震災直後に終了した、
NHKラジオ「どよう楽市」にも似て、
自由で、楽しく、
改めてラジオの魅力を感じました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月22日(日)22時55分
第1872回


ポニョさん、
iwamuraさん、
ありがとうございました。
club willbeの企画に、
参加してくださった方からの、
実感あるお言葉ほど、
嬉しいことはありません。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月21日(土)25時07分
第1871回


今年の「willbeアカデミー」は、
お陰さまで、
本日無事終了しました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月20日(金)24時41分
第1870回


久しぶりの、
シンデレラナイト(24時過ぎの帰宅)です。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月19日(木)24時08分
第1869回


今夜のお月さま、
見ましたか?
(私の顔の形にそっくりだったでしょ?)

続きを読む

icon_zamma.jpg9月18日(水)26時08分
第1868回


ご心配をおかけしてすみません。
薬の包装シートの誤飲は、
腹痛もなくなったので、
どうやら今朝、
密かに「脱出」に成功したようです。
(それより生まれて初めて、
松葉杖になったAkikoさんのほうが大変です。
どうかお大事になさってくださいね)

続きを読む

icon_zamma.jpg9月17日(火)22時38分
第1867回


先ほど、
「willbeおとな塾」が終わりました。
今日の講師は竹内一郎さん。
テーマは、
「見た目で損をしないために」
〜第一印象をアップする、
非言語コミュニケーション術〜

続きを読む

icon_zamma.jpg9月16日(月)22時58分
第1866


朝、
6時に空を見たら、
「台風襲来」という感じはなく、
台風がどこに行ったのかを、
気象情報で確認したら、
「これから来る」とのことだった。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月15日(日)26時13分
第1865回


今日は、
映画に行く予定も取り止めて、
終日 母と、
昨日から遊びに来ている、
ニシダさんと、
3人で家にいた。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月14日(土)23時28分&28時09分
第1864回


「willbeアカデミー」2日目は、
寺島実郎さんの講義から始まりました。
やはり、前夜の疲れも見せずに、
90分の講義を120分もしてくださいました。
(他の講演ではめったに見られないほど、
熱の入ったお話でした)

続きを読む

icon_zamma.jpg9月13日(金)23時23分
第1863回


明日は、
「willbeアカデミー」2日目。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月12日(木)28時22分
第1862回


久しぶりに、
霞が関の官庁街に行った。
総務省の省議室で開催された、
「定住自立圏構想に関する懇談会」という、
4年半にわたって開催されている、
委員会に出席するためだ。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月11日(水)29時18分
第1861回


東日本大震災から2年半、
未だに2654人の方が行方不明です。
岩手・宮城・福島だけで、
避難している被災者は約29万人、
仮設住宅に住んでいる方が、
約21万人にものぼっています。

被災地を訪れる人もめっきり減り、
漁業も農業も地元の商店街も、
復興はままならないようです。

我がclub willbeは、
三屋裕子さんの協力を得て、
(と言うよりは、
この2年半、
私の友人・知人の中では、
最もよく被災地を訪れ、
支援活動をして来た三屋裕子さんの、
復興への願いを込めた企画を、
「club willbe」が、
応援させていただくということなのですが)
今月末、
恒例のウォーキングイベントを、
少し形を変えて、
気仙沼でのツァーを、
開催することにしているのですが、
ここにきて、
キャンセルが相次ぎ、
10人程度の空席が、
出来ているとの報告が、
昨日担当のヒロモリより届きました。

今からでも、
「行かれそうです」「行きます」という、
方がいらっしゃいましたら、
是非ご参加いただきたく、
お願い申し上げます。


行程は、
9月28日(土)の、
お昼12時に仙台駅集合で、
貸し切りバスにて、
仙台東部道路と(震災時道路の右と左では、
被害状況が全く違って、
海側の町は全部壊されたという地域です)
三陸道路を通って、
先ずは石巻に参ります。

石巻港(直後に私が訪れた時はズタズタでした)近くの、
かまぼこ工場を見学して、
沢山の子供たちが犠牲になった、
大川小学校に立ち寄り、
海岸線を通って志津川(南三陸町)に入り、
(ここも甚大な被害を被りました)
更に海岸線を通って、
気仙沼に入り、
17時には、
宿泊予定地の、
気仙沼プラザホテルに到着予定です。

到着後は自由行動ですが、
三屋さんからのたってのお願いで、
みなさんには是非、
「復興屋台村気仙沼横丁」で、
夕食をとっていただきたいとのことです。

実は、
被災地には、
今も宿泊出来るところがとても少ない中、
気仙沼プラザホテルは、
半年以上前に、
予約を入れていたので、
今、キャンセルすると、
事務局としては、
ちょっと心苦しいのです。
(財政的にもですが、
無理してホテルをとってくださった、
三屋さんや気仙沼の方たちにも)

翌日は、
10時から三屋さんによる、
オープニングトークがあり、
(気仙沼復興協会のご紹介など)
そのあとで、
「気仙沼ウォーキング」の、
コース説明等があり、
恒例の「健康寺小屋」の指導のもと、
準備運動をしていただいて、
10時半からウォーキングがスタートです。

コースの詳しい中身は、
気仙沼復興協会の方々と三屋さんが、
検討してくださっていますが、
復興協会のみなさんと三屋さんのガイドで、
気仙沼市内を歩いて回ります。

14時にゴールをしたあとは、
後日痛みが来ないよう、
事後のストレッチをしていただき、
懇親報告会や抽選会で、
和んでいただいた後、
お土産などをお配りして、
16時にバスに乗っていただきます。

17時半頃に一ノ関駅到着、
(ここで降りて「みちのく路」を、
さらに北に行くのも素敵ですね)
19時半頃には仙台駅に帰着予定です。
(東京に帰る方は仙台駅の方が早いそうです)

今、
私たちに出来ることは、
地元の現状(現実)を自分の五感で知り、
少しでも地元経済に貢献することと、
(食事をしたりお土産を買うことぐらいでも、
とても力づけられるのだそうです)
三屋さんもおっしゃいます。

仙台までは、
各自来ていただくので、
交通費もかかりますし、
バス代・宿泊代など、
通常のwillbeイベントよりは、
費用がかかる企画ですので、
無理は言えないのですが、
三屋さんや、
復興協会の方々の熱意を知るにつけ、
何とか満席で伺いたいと、
思ったものですから、
最後のお願いにと、
書かせていただきました。

お申し込みやご質問は、
club willbe 事務局、
(03−5772−2221)まで、
ご連絡ください。

どうぞ、
よろしくお願い致します。

icon_zamma.jpg9月10日(火)22時12分
第1860回


今日は、
朝から沢山電話が入ったのだが、
(みんなどこか高揚しているのだろうか、
珍しい人からの電話が多かった)
少し長い時間話をすると、
咳が出てくるので、
次なる治療が始まって、
声がスムーズに出て来るまでは、
がまん・ガマン・我慢だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月9日(月)28時44分
第1859回


今日は、
陽数の極である9(奇数は陽の数)が、
重なることから、
「重陽」と呼ばれ、
とてもおめでたい日なんですよね。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月8日(日)28時45分
第1858回


午前5時18分に、
オリンピックの「東京招致」が、
決定した瞬間を、
テレビで観ていました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月7日(土)23時56分
第1857回


「willbeアカデミー」の初日は、
とてもいい雰囲気のうちに、
幕を閉じました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月6日(金)27時58分
第1856回


明日から、
東京大学・本郷キャンパスで、
「willbeアカデミー」開講する。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月5日(木)24時11分
第1855回


朝5時前、
窓の外を見たら、
一方の空は、
不気味なピンク色に染まり、
もう一方の空は、
濃い灰色の雲に覆われ、
不吉な出来事の前兆のような気がした。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月4日(水)28時35分
第1854回


朝6時から、
生島ヒロシさんのラジオに、
自宅から生電話出演をしました。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月3日(火)28時02分
第1853回


今日は、
久しぶりに「NEXT1」という、
BS12のインタビュー番組の収録があり、
杉並のスタジオまで出かけた。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月2日(月)29時44分
第1852回


手指の痛みが我慢出来ず、
朝一番で、
いつもの病院に連絡をして、
痛み止めの注射を打ってもらった。
今回は左の親指と、
右手の小指を除いた計8本だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg9月1日(日)23時25分
第1851回


本日開催の「介護カフェ」は、
参加メンバーのみなさま、
それぞれが率直に、
ご自身の介護体験や、
介護に寄せる思いを述べてくださったので、
いい雰囲気で終わることが、
出来たように思います。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。