バックナンバ- 2013年12月

icon_zamma.jpg12月31日(火)23時47分
第1972回


club willbeメンバーのみなさま、
2013年もありがとうございました。
皆さんがいてくださったお蔭で、
今年もここまで来ることが出来ました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月30日(月)24時22分
第1971回


今日は、
ナカヤマと築地市場に、
行く予定だったのですが、
ナカヤマのところも、
大腿骨の手術をしたお母さんが、
リハビリ病院から4日間だけ、
家に帰るというので、
今朝実家に向かいました。
私も、
ズシリとした疲労感が抜けず、
海鮮丼より、
マッサージの方が魅力的で、
そちらに行ってしまいました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月29日(日)29時33分
第1970回


今年の、
実質的な「仕事納め」は、
友人の風吹ジュンさんが出ている、
下北沢本多劇場で上演中の、
「夜更かしの女たち」の、
舞台鑑賞だった。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月28日(土)30時54分
第1969回


「風邪かな」と、思った時の、
対応が早かったせいか、
「ここで気を緩めてはいけない」と、
全身の(全脳の)集中力を、
総動員させたことが、
功を奏したのか、
風邪は早々に、
退散してくれたようだ。
(私の隙をつこうと、
どこかに身を潜めているかも、
しれないので、
監視と身体管理を怠っては、
いけないと思いますが)


続きを読む

icon_zamma.jpg12月27日(金)23時46分
第1968回


今しがた、
仙台から戻りました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月26日(木)29時38分
第1967回


母のことが、
少しホッとした途端、
怒濤のような疲労感が、
押し寄せて来て、
朝起き上がるのが、
ひと苦労だ。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月25日(水)27時48分
第1966回


子供を修学旅行に出した時の、
親のような気持ちで、
ケア施設での初日の夜を、
母がどう過ごしたか、
気になっていました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月24日(火)24時10分
第1965回


内心、
泣く泣くではありましたが、
本日、
無事母を介護施設に移送しました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月23日(月)23時16分
第1964回

このまま行けばの話ですが、
母は明日、
ケア施設に移ります。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月22日(日)27時15分
第1963回


この3連休、
仕事もあるのですが、
合間をかい潜って、
母のことで奔走しています。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月21日(土)29時58分
第1962回


今日は、
「willbe混声合唱団」の、
第3期のみなさんの、
「歌い納め」の日でした。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月20日(金)30時11分
第1961回


1週間の行脚が終わった。
心は満たされたが、
身体は、
「東奔西走」について行くだけで、
精一杯だった。
(★帰宅するなり「バタリ」と、
倒れてしまいました)


続きを読む

icon_zamma.jpg12月19日(木)24時36分
第1960回


今日は、
ほヾ昨日書いた通りの、
スケジュールで進みましたが、
文化放送の「打ち上げ会」だけは、
母のことがあって、
参加出来ませんでした。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月18日(水)25時48分
第1959回


最終の1本前の新幹線に、
飛び乗って、
大阪から帰京しました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月17日(火)24時43分
第1958回


仙台から戻りました。
たった1泊2日とは思えない、
内容満載の濃密なひとときでした。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月16日(月)23時49分
第1957回


仙台にいます。
朝はうっすら雪化粧だったらしいのですが、
お昼過ぎには、
北側斜面を除くと、
雪は跡形もなく消えていました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月15日(日)24時21分
第1956回


ニシダさんに持って帰ってもらう、
肉じゃがやぬかづけなどを用意して、
見送って1時間後、
ニシダさんから電話が入った。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月14日(土)26時44分
第1955回


私は伺えなかったのですが、
本日「浮き球△ボール首都圏リーグ」の、
納会があり、
我がclub willbe「南青山ぼちぼち団」から、
女性の「首位打者賞」に、
コシバさんが選ばれ、
表彰を受けたそうです。


続きを読む

icon_zamma.jpg12月13日(金)29時13分
第1954回


今週は、
生協から、
松飾りだの鏡餅だのが届いた。
各所から、
2014年のカレンダーも届いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月12日(木)24時35分
第1953回


このところ、
私が抱えている「心痛い問題」は、
母の介護にまつわることで、
あくまで私的な問題なのですが、
いつの日か、
多くの人にも(私自身にも)
関係することだと思うので、
真剣かつ丁寧に、
ことに処しています。


続きを読む

icon_zamma.jpg12月11日(水)29時09分
第1952回


和歌山市で行われた、
「プレミア和歌山」の審査会から、
帰ってきました。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月10日(火)23時05分
第1951回


今日は、
思ってもみなかったことに、
遭遇して、
そのあまりの内容に、
何だか全てに自信がなくなり、
心が軋んで痛かった。


続きを読む

icon_zamma.jpg12月9日(月)25時37分
第1950回


午後、
母の病院へ行ったところ、
酸素吸入をされていて、
驚いた。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月8日(日)24時52分
第1949回


昨日、開催された、
「天野祐吉さんと島森路子さんとのお別れ会」で、
懐かしい人にお会いした。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月7日(土)30時10分
第1948回


午後2時から、
青山スパイラルホールで開催された、
天野祐吉さんの「お別れ会」に行った。
正確な会の名称は、
「天野祐吉さん島森路子さんとのお別れの会」だ。


続きを読む

icon_zamma.jpg12月6日(金)30時21分
第1947回


風邪が流行っているらしい。
慢性気管支喘息に罹って以来、
「風邪だけはひかないように」と、
主治医に言われているのだが、
人ごみには出るし、
「風邪ひきさん」と、
仕事をすることもないではないので、
神経質に避けてもいられない。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月5日(木)23時59分
第1946回


月曜日(2日)が初日で、
7日(土)までしか開催されていない、
福山小夜さんの個展、
「乾いた花」に、
今日の夕方、
ようやく、
しかし時間がなくて、
(母のことで、いろいろあって)
ほんの少しの間だけだが、
行くことが出来た。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月4日(水)25時22分
第1945回

只今23時58分。
東北新幹線から降りて、
東京駅丸の内南口からタクシーに乗り、
帰宅したところです。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月3日(火)23時58分
第1944回


今日は、
先ずは私自身の、
心臓と肝臓の精密検査の結果を聞きに、
病院へ行き、
そのあと、
母の病院へ行った。
(疑いは完全には晴れず、
明後日にはさらなる精密検査を、
することになった)

続きを読む

icon_zamma.jpg12月2日(月)25時18分(只今29時04分 UPしそこなっていました)
第1943回


会議、番組収録、
インタビューと、
それぞれ、
「満点」とは言えないが、
何とか、
決まっていた日程は、
やり遂げた。

続きを読む

icon_zamma.jpg12月1日(日)22時51分
第1942回


今夜は、
club willbeのホームページでも、
ご案内した、
米倉誠一郎さんのバンド、
「The Searching Cranburys」のライブに、
伺いました。

続きを読む

フォトアルバム

4月5日(土)

photo_nikki六本木ヒルズのパンジー

photo_nikkiアークヒルズ中庭の桜。

photo_nikki首相官邸沿いの新芽の出たポプラ(上)と桜並木(下)
photo_nikki

photo_nikki内閣府前。

photo_nikki参議院会館前。

photo_nikki国立国会図書館前。

photo_nikki憲政会館の下の通りにはドクダミが。

photo_nikki内堀通り沿いの桜(奥に見えるのは警察庁と国土交通省)

photo_nikki首都高都心環状線沿いの桜。

photo_nikkiお濠の周りには観光バスが列を連ねていました。

photo_nikki皇居内堀に咲く花々。

photo_nikkiカルガモ発見!



4月3日(木)

photo_nikki日中文化交流協会・前会長の辻井喬さんを偲ぶ会。

photo_nikki左は「日本介護福祉グループ」の藤田英明会長、中央は必殺紹介人のモリベ氏。



4月2日(水)

photo_nikki青山通りから見た赤坂御用地の桜。

photo_nikki赤坂警察署前の桜。

photo_nikki赤坂・豊川稲荷は、早くも葉桜です。

photo_nikki国立劇場前。

photo_nikkiFM東京前。

photo_nikki英国大使館前。

photo_nikki千鳥ヶ淵の桜。

photo_nikki桜を眺めながら昼食をとる外国人ビジネスマンの姿も。

photo_nikki靖国神社の桜(右端に鳥居があります)

photo_nikki梅窓院の桜。

photo_nikki
寺島文庫の文庫犬エリゼと。



4月1日(火)

photo_nikki神宮外苑の桜。

photo_nikki渋谷・桜ヶ丘のさくら通りでは「さくらまつり」が開催中。

photo_nikki林真理子さん還暦パーティの引き出物。



3月31日(月)

photo_nikki富士川鉄橋付近を通過。

photo_nikki京都の東寺。

photo_nikki大阪で千秋楽を迎えた、地球ゴージャスプロデュース公演「クザリアーナの翼」



3月29日(土)

photo_nikki吉川公園に向かう途中の桜並木(三分咲きでした)

photo_nikkiグラウンドの土手には鮮やかな菜の花間畑が!

photo_nikki南青山ぼちぼち団のメンバーと。

photo_nikkiぼちぼち団の新キャプテンのフジタ氏。

photo_nikki開会式で挨拶をする椎名誠さん。

photo_nikki八丈島や大阪からも参戦。



3月24日(月)

photo_nikki南紀白浜空港。

photo_nikki空港の隣には「アドベンチャーワールド」が。



3月23日(日)

photo_nikki川湯温泉。河原に穴を掘って作った「my露天風呂」に入浴中の人たち。

photo_nikki湯の蜂温泉。

photo_nikki卵を網に入れて、湯筒で茹でています。

photo_nikki熊野那智大社

photo_nikki
那智の滝。

photo_nikki香炉にぶら下がっているこま犬が可愛い。

photo_nikki熊野本宮大社。

photo_nikki昨年の台風12号の被害の爪痕が残る熊野川の河岸。

photo_nikki和菓子屋「儀平」の堀本京子さんと。

photo_nikki「アドベンチャーワールド」の入口。

photo_nikki食欲旺盛なオスの海浜(カイヒン)君と。

photo_nikki海浜君の妹の優浜(ユウヒン)ちゃん。

photo_nikki手前が海浜君、奥が双子の陽浜(ヨウヒン)ちゃん。

photo_nikkiペンギン王国。

photo_nikkiラッコたち。

photo_nikki三段壁の夕陽。

photo_nikki

photo_nikki白浜名物・クエ鍋。



3月22日(土)

photo_nikki奈良県から和歌山県へと流れる紀の川

photo_nikki高野下駅舎。

photo_nikkiケーブルカーで高野山へ。

photo_nikki頂上には前日降った雪が積もっていました。

photo_nikki金剛峯寺。

photo_nikki紀州の春。

photo_nikki

photo_nikki

photo_nikki



3月21日(火)

photo_nikki小さな誕生日ケーキでお祝い。

photo_nikki仁坂吉伸和歌山県知事から、誕生日祝いに送って頂いた「焼き梅」



3月18日(火)

photo_nikki
工事中の「ホテルグレイスリー新宿」外観。

photo_nikki花粉症対策マスクを装着した八丁地常務執行役員と。



3月14日(金)

photo_nikki「日本創生委員会」が開催された東京會舘の桜。



3月13日(木)

photo_nikki雨滴の向こう側にうっすらと浮かんでいるが河津桜です。

photo_nikki会席料理にも添えられています。



3月11日(火)

photo_nikki春まだ遠し。

photo_nikki米原市の手前。遠くに見えるのは伊吹山。

photo_nikki1階のナレッジプラザに展示されている巨大プール(実は絨毯です。中央の水色の部分に立って周りを見ると、プールの中にいるように立体感が味わえます)



3月10日(月)

photo_nikki
今季最強の寒波も3年前の震災の日を想えば・・・。

photo_nikki
津村禮次郎さんによる能

photo_nikki奥でヴァイオリンを演奏しているのが古澤巌さん。手前左がチェリストの大藤桂子さん。

photo_nikki華道家・前野博紀さんにより献花。



3月8日(土)

photo_nikki母のホームに向かう途中、小学校の校庭沿いには春の花が。

photo_nikkiボケ(木瓜)の花。

photo_nikki大和夢之介さんの独立15周年記念パーティにて(右から、平山みきさん、大和さん、川上麻衣子さん、私)

photo_nikkiwillbe混声合唱団の活動の様子。

photo_nikki特訓!(合唱団を支える貴重な男声です)



3月7日(金)

photo_nikki歳川隆雄さんの出版記念パーティ。

photo_nikki会場に届けられた政治家からの花輪。

photo_nikki会場にいらした田原総一郎さんと。



3月3日(月)

photo_nikki5時間煮込んだ蕗の煮もの(右)と山椒の佃煮(左)



3月2日(日)

photo_nikki帰りに立ち寄ったナカヤマの実家では、お義姉さんが育てた梅が花を咲かせていました。

photo_nikki

photo_nikki



2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月

書籍情報

人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる  残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
イースト・プレス
【価格】
1,470円

引退モードの再生学

引退モードの再生学 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
500円

モグラ女の逆襲
~知られざる団塊女の本音~

モグラ女の逆襲 ~団塊女の知られざる本音~ 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
日本経済新聞出版社
【価格】
1,575円

それでいいのか 蕎麦打ち男

それでいいのか 蕎麦打ち男 残間里江子

【著者】
残間里江子
【出版社】
新潮社
【価格】
1,470円

プロフィール

残間 里江子【プロデューサー】

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者などを経て、企画制作会社を設立。 プロデューサーとして出版、映像、文化イベントなどを多数手がける。著書多数。